So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Pink Floyd ブログトップ

Live at Pompeii (DVD) / Pink Floyd (1971) [Pink Floyd]

ピンク・フロイドの話題に関連して、以前、書きかけで下書きに入れてあった記事をUPします。


2015/09/25 記


昨年 購入したDVD を記事にしておこう。


ピンク・フロイドといえば、このライブ映像が有名である。ポンペイの円形競技場を舞台に、無観客のライブを行い、映像化してしまったのである。 私は、「Echoes 」の映像に釘付けになった。


「Echos」や「神秘」の YouTube動画は、数えきれないほど見たのだが、リビングの大画面で見たいと思ったので、Discを購入した次第である。輸入品だが、日本語字幕も選択できるようだ。


pompei.jpg


曲目


1. Echoes Part I
2. Careful With That Axe Eugene
3. A Saucerful Of Secrets
4. Us And Them
5. One Of These Days
6. Mademoiselle Nobs
7. Brain Damage
8. Set The Controls For Heart Of The Sun
9. Echoes Part Ⅱ


特に、
「Echoes Part Ⅰ」 のギターソロ
「神秘 A Saucerful Of Secrets 」の銅鑼を打ち鳴らすシーン、
「On the run 」の作成風景、
アビーロードスタジオでのメンバーの若い時の日常風景
「One of these days 」のNick のドラム


が印象に残る。


デイレクターズ・カット版(2003) は、オリジナルの映像に、宇宙の映像を追加したもので、こちらも楽曲に合っているといえば、そうだが、オリジナルのポンペイの映像の方が、私には合う。


無観客のライブという形をどうして選んだのか。 時は、71年。ウッドストック(69年)の野外コンサートとは、全く逆の形で、コンサートを実現したかった、との監督の話である。



ピンク・フロイド  ライブ・アット・ポンペイ   ディレクターズ・カット [DVD]

ピンク・フロイド ライブ・アット・ポンペイ ディレクターズ・カット [DVD]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD



ここまで  2015/9/25 記


エコーズ Echoes 」 について補足します。 アルバム 「おせっかい」 のLPとしては、B面を全部使っていたようです。今はCDなんで関係ないですけど。 英名「Meddle」なのですが、「干渉する」という意味から来ているのかもしれません。


meddle_jacket.jpg


meddle_inner.jpg


個性あるメンバーですね。 1971年に、日本で公演をしたようです。



月刊 rockin'on 2013年5月号の紹介ページを下に保存しました。


meddle1971.jpg


一部引用しますと、


"エコーズ"は23分29秒(!)の超大作であるにも拘らず、聴き手を捕えて離さない幻覚・幻聴・陶酔・至福が一音一音にぎっしり。 ~ 瞑想中にこれを聴きながら涅槃が見えたりした。


いささかオーバーのようにも、思えますが、暗くして聴いたりすると、トリップ体験出来そうです。


ギターが素晴らしいのは、さることながら、キーボードのリチャード・ライトの音が重要でして、2008年に彼が亡くなってしまったので、デヴィッド・ギルモアは2006年のライブ https://youtu.be/zrProK5R7ms を最後に、彼無しで、「エコーズ」 はプレイしないと言っているそうです。


→ 2016 年に、デヴィッド・ギルモアが単独 ポンペイで45年ぶりにライブを行っているようですが、「エコーズ」はセットリストにはありませんでした。


 



ライヴ・アット・ポンペイ [DVD]

ライヴ・アット・ポンペイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: SMJ(SME)(D)
  • メディア: DVD




おせっかい(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)

おせっかい(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2017/11/01
  • メディア: CD


 


もし、よろしければ、下のボタンをポチっとお願いします。  



 


タグ:Pink Floyd
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

原始神母がライブ配信 [Pink Floyd]

木暮“shake”武彦率いるピンク・フロイド・トリビュート・バンド原始神母のライヴとインタビューをフィーチャーした番組が配信決定


pinkfloydtrips.jpg



木暮"shake"武彦率いるピンク・フロイド・トリビュート・バンド、原始神母のライヴ・パフォーマンスと、木暮"shake"武彦がプログレを語るインタビューをフィーチャーした番組『「夜明けの口笛吹き LIVE」ピンク・フロイド50周年に捧ぐサイケデリック・ライヴ』が、動画配信サービス「FRESH!」にて配信決定。配信は4月18日(水)22時より。この時間以降もアーカイブとして観ることができます。

●『「夜明けの口笛吹き LIVE」ピンク・フロイド50周年に捧ぐサイケデリック・ライヴ
4月18日(水) 22:00 - 23:00


→  https://freshlive.tv/AIRPLAY/203012?utm_source=embed

レベッカ、RED WARRIORSなどに在籍し、日本のロック・シーンを牽引してきた天才ギタリスト木暮“shake”武彦がピンク・フロイド・トリビュート・バンド『夜明けの口笛吹き aka 原始神母』を率いて登場! ピンク・フロイド結成50周年を記念して、昨年12月29日に東京六本木EXシアターにて行ったライヴ・パフォーマンスから、第1部の「シド・バレット・メドレー」全曲をオンエアします。さらにshake自身が語る「プログレッシヴ・ロックとの出会い」や「ピンク・フロイドに対する思い入れ」、そして「プログレはプロの活動に反映されていたのか?」など、普段絶対に聞くことのできない興味深い話が満載です。shakeファン、プログレ・ファン、60's ロンドンサイケデリック・ファン必見の1時間。乞うご期待!!


http://amass.jp/103771/


原始神母のライブには、これまで2度ほど参加したことがありますが(→ 過去記事)、毎年、新しい曲目にチャレンジされていて、素晴らしいです。本家ピンク・フロイドのライブ盤は、「Live at Pompei 」しか見たことないのですが、おそらく、本家以上でしょうね。


色んな曲を演奏してくれるので、堪能できます。 まさに、日本人向け。 ギルモアも、ウォーターズも、日本嫌いかもしれないので、ピンク・フロイドの曲は、生では、原始神母でないと聞けないかもしれません。


「Echoes」、「神秘」、「クレイジー・ダイヤモンド」、「原子心母」と、「狂気」から「TIME」を やってくれれば満足で、最近は、「Comfortably Numb」もやってくれる。


昨年、1昨年前は、他のアーティストに浮気していたので、今年は、足を運んでみようかな。

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

Pink Floyd 27枚組 ! ボックスセット [Pink Floyd]

今年は、Pink Floyd 関係の記事を、ほとんどUPしてませんでしたが、夏にみかけて気になっていた記事を、今頃ですが、あげたいと思います。

前代未聞の超レア音源・映像の集大成27枚組限定ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』を11月リリース!

初来日公演から45周年、幻の1971年「箱根アフロディーテ」ライヴ映像も収録!!

2016.07.28 http://www.pinkfloyd.jp/artist/PinkFloyd/info/470980

前代未聞の物量で、遂に明らかになる初期ピンク・フロイドの未発表音源、映像の数々!2016年11月11日、ピンク・フロイドが膨大なアーカイヴから未発表音源・映像を含む全7巻の書籍形式のパッケージからなる27枚組の豪華ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』をリリースすることが発表された。ボックス・セットには12時間33分、130トラックからなる音源(未発表音源・アウトテイク・デモ音源・テレビ音源・BBCでのセッションなど7時間分の未発表ライヴ音源とともに20以上の未発表音源)と、15時間を越える映像(5時間分以上に及ぶレアなコンサート映像、長編映画他)が入念なプロデュースを経て、新たなサウンド・ミックスとともに収録される。未発表曲の中には本リリースのために新たにミックスを施された1967年の「Vegetable Man」と「In the Beechwoods」も含まれる。更には、レプリカのジャケットに納められた7インチ・アナログ・シングル、貴重なコレクタブル・グッズなど特典も満載。ピンク・フロイドのアーカイブ・コレクションとしては過去最高のヴォリュームの未発表アイテムを収録した驚愕の内容のとなる。

 すごいですね。今までブートレグだった映像も、 含まれているのでしょうね。しかしながら、価格も凄いので、到底買えません。2枚組の廉価版が出るようなので、そちらを手に入れてみましょうかね~。伝説の箱根の「アフロディーテ」での公演も含まれているようです。全くブートレグというものを購入したことのない私には打ってつけとも思えるのですが、この価格は・・・。様子見です。

【早期購入特典あり】The Early Years 1965-1972 (日本語翻訳ライナーノーツ封入)

【早期購入特典あり】The Early Years 1965-1972 (日本語翻訳ライナーノーツ封入)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Columbia/Legacy
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: CD

 

アーリー・イヤーズ・クリエイション

アーリー・イヤーズ・クリエイション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: CD


タグ:Pink Floyd
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Pink Floyd Discovery Box set [Pink Floyd]

最近まで忙しい毎日だったため、自分に、ご褒美の意味で、思い切って、大人買いしてしまいました。

日本盤と輸入盤があって、どちらにしようか迷いましたが、日本盤は在庫が少なく発売時より高くなっており、新品では5万円もするため、あきらめました。2011年の発売なので、仕方ないのでしょうか。 結局1万7千円で、輸入版を購入することにしました。

日本語訳がついていない、という位の差 ですからね~。

とりあえず、最初のDisk から聞き始めておりますが、満足です。

感想などは、また後日~。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

神秘 ピンク・フロイド [Pink Floyd]

久々に、音楽記事に戻ります。

最近、何故か、ピンク・フロイドに、関心があります。

昨年の記事(→ リンク)のあたりから、「おせっかい」, 「炎」, 「原子心母」 などを借りてきて聞きまくっておりました。

最近は、ベスト「Echoes ~啓示」 を借り、新旧一通り聞いて、これに収められていない、

第2,4作目の下記の曲が、ピンク・フロイドらしい雰囲気を出している初期の傑作なのでしょうか、

何度も動画を見ています。

 

続きを読む


タグ:Pink Floyd
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

rockin' on 5月号 [Pink Floyd]

久々に購入した 洋楽雑誌。 

これもまた久々に東京出張 帰りに、バスの時間待ちの時間に書店を物色していたところ、見つけました。

今月は、表紙を飾っている ピンク・フロイド の特集 とのことで、普段は購入しない雑誌なのですが、 最近 何故か惹かれるので、買いました。

SANY0836.JPG

全14作品のレビュー と ロジャー・ウォーターズ と デヴィット・ギルモアのインターヴューが特集されていました。

続きを読む


タグ:Pink Floyd
nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
Pink Floyd ブログトップ