So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
John Mellencamp ブログトップ

Love And Happiness / John Mellencamp (1991) [John Mellencamp]

今回も、John Mellencampさん の楽曲についてですが、

YouTube には、PVをまとめたサイト(VEVO)があるようです。
http://www.youtube.com/user/JohnMellencampVEVO

Whenever We Wanted (Rpkg)

Whenever We Wanted (Rpkg)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Umvd Special Markets
  • 発売日: 2005/05/24
  • メディア: CD


 

このアルバムも、安く入手。

全体的に、ハードなロックが多く、バラードが1曲もない。

直球で作ったなぁ、

という感じ。

 

Love And Happiness / John Mellencamp (1991)




PVもハードな感じに作られていますね。john も渋いですが、
ドラムのタイトなリズムがいいと思います。

歌詞 → リンク

タイトルと歌詞の内容は、あまりに乖離してるので、歌詞を読んでみないと想像がつかないと思います。
この年は、湾岸戦争が勃発した年です。戦争のために、兵器を作ったり、薬を売ったりする人が尊敬される、年寄りのために若者が死ぬ、こんな社会では、もはや愛と幸せって、価値が無くなってしまったのか、

と反社会的な内容になっています。

 


タグ:John Mellencamp
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Cherry Bomb / John Cougar Mellencamp (1987) [John Mellencamp]

先日、ガレッジセールでアルバムを6枚ほど、各100円でGet!しました。
残りものには、福という感じです。

Lonesome Jubilee (Rpkg)

Lonesome Jubilee (Rpkg)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island / Mercury
  • 発売日: 2005/05/24
  • メディア: CD


 

John (Cougar) Mellencamp て、余り知名度が低いのかな。結構いいアルバムと思いますが・・・・。

その中でも、USチャートでは 8位だった曲がありました。

nomatch_music:012349061036770Q2hlcnJ5IEJvbWI=VGhlIExvbmVzb21lIEp1YmlsZWU=Sm9obiBNZWxsZW5jYW1w

Cherry Bomb / John Cougar Mellencamp (1987)





なんか、ゆったりしたダンスに合った曲ですね。
こういう、Johnの曲も好きです。
歌詞の内容は、こんな感じかな(笑

昔よくダンスしたなぁ、「チェリー・ボム」というクラブで。
あの頃のことを考えると、ついニヤニヤしちまう。
17の頃は、ワルだったな、
自分が蒔いたことがことで、皆にぼこぼこにされたこともあったが、
今、あいつらに会うと、互いに笑いあい、覚えてるかという話になる。

今は、35にもなった。
あの頃しでかしたワル みんな水に流してくれるかな。
今では、子供もいるが、
どうすれば、いいかわからない時もある、
こんなこと、あいつら聞いたら、きっと大笑いするだろうなぁ。

John Mellencamp こんな、おっちゃん 好きですね。

 


タグ:John Mellencamp
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Life Death Love and Freedom / John Mellencamp (2008アルバム) [John Mellencamp]

先日、米で仕入れたCDを記事にします。

John Mellencamp、日本じゃ余り、なじみのない歌手ですね。
私も、80年代、ちょこっと聴いただけで、CDも持っていませんでした。
以前、Crumblin' Down(→過去記事)という曲を聴いて、ベストヒットUSAの頃を思い出したのが、興味の発端でした。

その彼が、昨年新作をリリースするというので、興味を持っていたのですが、
「Jena」という渋めの曲(→ PV)が入っていたのは勿論、(彼としては?)爽やかなデュエット曲も入っていました。

「Jena」は、米のJena という街で起きた黒人人種差別の事件(→リンク)のことを歌った曲でらしい。
ただ聴いただけでは、ジーナという女性かと思ってしまうところだったが。

Life Death Love & Freedom (Advd) (Dig)

Life Death Love & Freedom (Advd) (Dig)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hear Music
  • 発売日: 2008/07/15
  • メディア: CD


ジャケットが渋いですね。

タイトルは、うーん、という感じですが。これが全てですからね。

A Ride Back Home / John Mellencamp (2008)




カントリーミュージックの「Little Big Town」というバンドの歌姫Karen Fairchild との、ほのぼのしたデュエットです。
ちょっと、でれでれしてますね。John親爺さま。

Can you get me a ride back home ?
「ちょっと、あなた 私を家まで、乗せていってくれない?」
イイですね。こんな女性に言われたら?  

このCDは、amazon評では、あまりパッとしませんが、私はいいと思うのですけどね。
タグ:John Mellencamp
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Small Town / John Mellencamp (1985) [John Mellencamp]

曇りと雨が続きますね。私の家は田に囲まれているような
場所なので、この時期、蛙の大合唱です。

Napsterからダウンロードして聴いている曲を取り上げます。
今日はJohn Mellencamp です。John Mellencampについては、過去にも記事にしていますが、カントリーロックの感じがする、好きなアーティストの一人です。

スケアクロウ

スケアクロウ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2006/10/18
  • メディア: CD


前作「American fool」、「Uh-Huh」に続き、1985年の作品です。
「Small Town」という曲が好きなので、リンクします。
http://www.youtube.com/watch?v=3eDkAG3R0h8

John Mellencampは、もともと レコード会社からの要請で、John Cougar と名乗っていたのですが、売れ始めると、本名のMellencamp を付けたという、おもしろいエピソードがあります。

僕も、80年代に、John Cougar という名前だった頃は記憶にありましたので、このことを知って、なるほどと思いましたね。

歌詞は、
http://lyrics.astraweb.com/display/521/john_cougar_mellencamp..scarecrow..small_town.html

小さな町で生まれて、そこで育ち、そこで彼女に会い、暮らしているが、そこの人達、すべてが好きだ、という曲です。

 私が住んでいるのところも、小さな町です。一応、合併で市にはなりましたが。この曲は、そんな私にも共通の点を感じて好きです。


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Jack & Diane - John Mellencamp (1982) [John Mellencamp]


ジョン・クーガーの曲を前に取り上げたので、続いて、この曲も。
なんといってもイントロのギターが印象的で素晴らしい。自分が聞いたことがあったくらいなので、いろんなところで使われていると思う。
 詞の内容は、2人のアメリカの子供が大きくなって、男の子はフットボールの選手になって・・・という、なんか物語的。
それとPVが非常によくマッチしてしている。YouTube を見ると、日本と同じように、結婚式か何かで使ったのかな、と思われるビデオがUPされている。また、ギターの引き方のレクチャーするビデオも。
まぁ、それだけヒットして愛されている曲のようですね。



CDは未だ購入していないのですが、近々に購入したい1枚ですね。

アメリカン・フール

アメリカン・フール

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1993/09/05
  • メディア: CD


イントロだけカバーして出しているのが、Jessica Simpsonの「I Think I'm In Love With You」で、こちらものりが良さそう。→こちら


Crumblin' Down-John Mellencamp (1984) [John Mellencamp]

 

何故か、mora で偶然なつかしい曲に出会ったので、DLしてしまいました。
今はMellencamp という姓になってますが、その前は、John Cougar と名のっていました。

Crumblin' Down / John Mellencamp (1984)


 

Uh Huh

Uh Huh

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island / Mercury
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD

イントロから小刻みなリズムで、のってしまいます。カッコいい
もともとは、John Cougar という芸名だったのですが、Cougarは本人が嫌だったので、このアルバムから外した(改名した)ようですね。

↑これ間違い。この頃は、John Cougar Mellencamp でした。Cougarをはずしたのは、1991年になってからでした。
John Mellencamp ブログトップ