So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

スティクス~Mr Robotoを演奏 [洋楽]

スティクス 最新ライヴで「Mr. Roboto」を35年ぶりにフル演奏
2018/06/01 08:19掲載





♪ドモ アリガト、ミスター・ロボットの歌詞が登場するスティクス(Styx)の人気曲「Mr. Roboto」。スティクスは最新ライヴ(5月30日 米カリフォルニア州アーバイン)でこの曲を久々にフル演奏。ライヴでこの曲をフル演奏するのは34〜5年ぶりと言われています。ファン撮影の映像あり


amass  http://amass.jp/105838/ より


34年ぶりというと、最後に唄ったのは1984年か? ちょっと違和感あるなぁ、と思った。

というのは、代表作でもある、この曲をライブで唄わないなんて無いよな、と思ったからである。YouTube で検索すると、デニス・デ・ヤング(ボーカル)が、唄っているライブ映像(→ https://youtu.be/naRv-aeS6og )を今まで何度か見ていた。


私はスティクスのCDは代表作の 「ミスター・ロボット (Kilroy Was Here)」 を持っている。


この曲が、大ヒットした1983年、ベストヒットUSAで、このPVを何度も見たものだった。

日本語が歌詞中に出てくるし、聞いていて分かりやすく、日本製のロボットの感じる悲哀をテーマに歌詞を書いているという点で、発想がユニークだった。




歌詞 → リンク


mr_roboto.jpg



それで、何で? と思ったのである。


どうして、大ヒット曲を、その後、演奏しなかったのか?


・・・スティックスのファンであれば、スルーして下さい。











ボーカルのデニス・デ・ヤングには、後からグループに入ったギターのトミー・ショーと確執があり、1999年頃に、健康を害した時に、降板させられてしまったからのようです。 現在は、ローレンス・ガーワンがボーカルとなっています。



おそらく、ミスター・ロボットは、デニスの作った曲なので、演奏が止められていたのじゃないかな。


→ Wikipedia


もともと、スティックスは、アメリカのプログレ・ロックバンドとして人気がありましたが、このヘンテコなテクノ風のロック「ミスター・ロボット」の大ヒットの後、デニスも、トミーもソロ活動をするようになり、バンドは衰退していきます。




ところで、


デニス・デ・ヤングは、今は白髪のお爺さんになってしまいましたが、30年前は、ナイスガイでしたね。


同時期にヒットしたソロの曲 Desert Moon  も、好きでした。




懐かしいメロディーです。


健康を害したために、グループから降板させられ、別のメンバーが入ってグループが存続するというのは、元フロントマンとしては、寂しいでしょうね。デニス・デ・ヤングの人となりは知りませんが、私は、トミー・ショーより彼の方が好きですね。



nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

ランディー・ローズ [洋楽]

最近、Amazonプライムで、今まで聞かなかった曲も、何かのきっかけで聞いたりする。


あまりヘヴィー・メタルは、聴かないのであるが・・・


80年代の曲で、クワイエット・ライオットの 「 カモン・フィール・ザ・ ノイズ 」が聴きたくなったが、プライムにあったので、最近何度も聴いていた。 この曲、80年代にMTVで聴いて知っていたのだが、記憶の彼方に消えていた曲だった。




METAL HEALTH

METAL HEALTH

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SONY
  • 発売日: 2004/02/09
  • メディア: CD


このバンドも、ほとんど知らなかったのだが、ランディー・ローズというギタリストが結成したらしい。



ランディー・ローズって調べていくと、1982年の3月19日に、セスナ機の遊覧飛行中の墜落事故で亡くなったアーティストということだ。そういえば随分前に、そのようなニュースを聞いたことがあったような。


Randy_Rhoads_(1980).jpg



でも、クワイエット・ライオットは、80年代に活躍したバンドだよなぁ?


と思っていたが、ランディーが亡くなってから再開したメンバーでヒットしたのだった。 




最近、チェックしているTAP the POP というサイトでランディーとオジー・オズボーンを取り上げていたので興味深く読んだ。

ランディーは、クワイエット・ライオットでリリースした2枚のアルバムがあまり売れなかったので、ブラック・サバスを脱退したオジー・オズボーンの新バンド結成のためのギタリストのオーディションに合格してメンバーになったらしい。クラッシック音楽の旋律を取り入れたプレイで、当時としては、衝撃的だったようだ。

 下の動画は、オジー・オズボーンの最初のアルバムからのヒット「Crazy Train 」であるが、ランディーのギター・ソロを聴くことができる。




 ヴァン・ヘイレンのような早弾きのプレイに圧倒される。 この曲のイントロを聴いてピンと来たのであるが、聖飢魔Ⅱの「蝋人形の館 」も、ギターリフが似ているような。 おそらく、トリビュートなんでしょうね。 


オジー・オズボーンも若い時は、アイドルみたいな感じですね。


このアルバム「ブリザード・オブ・オズ」、ダウンロードして聴いています。


ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説 レガシー・エディション

ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説 レガシー・エディション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2011/06/01
  • メディア: CD



でも、どちらかというと、聖飢魔Ⅱの方が、重厚な感じで、好きかな。



もう1曲、こちらも、ランディーの鮮やかなソロが楽しめる。 2:26 あたりから。 この変形ギターも、トレードマークのようですね。




ランディー・ローズは、オジー・オズボーンでデビューして成功を掴んだのであるが、1年半で亡くなってしまった。 享年25歳、あまりにも早すぎる死だった。


最後に、クワイエット・ライオットのアルバムに収められている彼へのバラードを貼り付けておきます。 これは旅立った友達への愛がすごく感じられて、心に沁みる曲ですね。






R.I.P Randy.

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

Duran Duran ライブ映像 [洋楽]

久しぶりです。


何気にYouTube を見ていたら、Duran Duran の動画を見つけました。 先日の武道館の様子を撮ったものだったので、上手く取れているなぁと見ていると、右上にWOWOW の文字があったので、12月に放映されたものだったようです。





やっぱり、真近で見ると迫力が違いますね。 アリーナ席は、おそらくSS席で 25,500 円なのですが、やっぱり、いいですね。こんな近くで見たら、鳥肌立ってしまいそうです。 しばらくすると削除されると思いますから、見るなら今のうちです。見どころは、0:45からのナイル・ロジャーズとの共演と、1:32 からのメンバー紹介でしょうかね。それから、個人的に好きなのは、1:36 からのアンコール曲、「The Universe Alone」~「Save A Prayer 」 ですね。


それから、もうひとつ、1993年の「Come Undone 」のライブ映像が、「The Wedding  Album 」 の25周年ということで、公開されているようです。 http://amass.jp/101040/ より





ギターが、いい音してます。 この時は、ギターが、初期メンバーのアンディ・テイラーが抜けて、3人になった時に、ゲストで入った フランク・ザッパ~ミッシング・パーソンのウォ-レン・ククロロが入っていました。


また、この曲は、バックコーラスの女性ボーカルが印象に残っているのですが、Lamya というシンガーが唄っています。この女性は、惜しくも35歳で早世しています。この曲は、過去に記事にしてます。

http://raccoon27.blog.so-net.ne.jp/2012-04-22

Duran Duran は、このバラードをライブでは必ず演奏しているようですね。 


Duran Duran : The Wedding Album

Duran Duran : The Wedding Album

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Parlophone (Wea)
  • 発売日: 1993/02/02
  • メディア: CD


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Set Me Free / Kinks 1965 [洋楽]

先日、といっても数週間前になるだろうか。 「世にも奇妙な物語」という番組の「運命探知器」という話の中で、使われていた、そのメロディーが懐かしく思えたので、番組名で検索したら、見つけた。Kinks の曲だ。






甘酸っぱい、青春を想い出させるような曲だ。 The Kinks は、「You Really Got Me」くらいしか知らないけど、このような曲は好きだね。番組の中でも、使われるシーンにはぴったりだった。


こちらのCM でも使われていたようだ。 → H&M CM

結構、合ってる感じがする。



nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

Linkin Park ボーカル死去 [洋楽]

リンキン・パークのチェスター・ベニントン、死去


リンキン・パークのフロントマン、チェスター・ベニントンが木曜日(7月20日)、米LAの自宅で死亡しているのが発見された。自ら命を絶ったと伝えられている。
TMZ.comによると、午前9時前、雇用者が、首をつった状態のベニントンを見つけたという。家族は外出しており、家にはベニントン1人だったと言われている。
バンド・メイトのマイク・シノダは、「ショックで胸が張り裂けそうだが、事実だ」とツイートしている。正式な声明は今後、発表される。
リンキン・パークは5月にニュー・アルバム『One More Light』を発表し、ツアーを開始。今月初め、ヨーロッパでの日程を終え、来週には北米ツアーが始まる予定だった。
この日は、5月に亡くなった、ベニントンが親しくしていたクリス・コーネルの誕生日だった。
ベニントンはまだ41歳。養子も含め6人の子供たちが残された。

合掌


BARKS  2017/07/21   より  https://www.barks.jp/news/?id=1000144850


理由は、何なのか分かりませんが、残念です。 

知ってるのは、1曲だったけど、シリアスな感じの佳曲でしたね。




この曲は、2007年の映画「トランスフォーマー」 の第1作目の主題歌 でした。


また、11月には、日本公演も控えていたらしく、ファンの方は、さぞやショックでしょうね。


R. I. P  Chester .



Minutes to Midnight

Minutes to Midnight

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 2007/05/15
  • メディア: CD

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

80年代アーティストの現在(リマール) [洋楽]

Limahl(リマール)   


また、80年代アーティストの話題に戻ってしまいます。 下書きに 沢山 残してるので!(笑)


1982年に、イギリスのカジャー・グー・グー というビジュアル系バンドがデビューし、「君はToo Shy 」という曲がヒットしました (UKチャートで 1位)。 この頃、イギリスは、デュラン・デュラン、カルチャー・クラブといったニュー・ウェイブのバンドが沢山いましたね。


このバンドのボーカリストのリマールは、途中で脱退して、ソロに転向しましたが、更なるヒットとなったのが、「ネバー・エンディング・ストーリー」 です。


ミヒャエル・エンデの原作「はてしない物語」を映画化したファンタジー大作のテーマ曲でした。

ジョルジオ・モロダーが、東京音楽祭に出演していた、リマールに目をつけ、「ネバー・エンディング・ストーリーのテーマ」を唄うことを依頼したようです。 → ジョルジオ・モロダーについての過去記事です。リンク


映画館では見てませんでしたが、、テレビで放映された時見たのかもしれません。 → リンク動画

老犬のような顔をした竜ファルコンが空を飛ぶシーンは良かったなぁ。 この曲は、多くの国で大ヒットしたようです。

ダウンロードして聴いていますが、12"MIXというバージョンがいいですね。


Never Ending Story (1984)  2011年ライブ



2011年の映像です。 リマールは、さすがに高い声が出てないなぁ。 
この曲は、リアルで聴いていたから、とても懐かしいですね。 

30年以上経っても、聴けるなんて感動でした。


女性が唄っているサビの部分も好きですね。 でも、この曲、女性がいないと歌えませんね。

いくつも動画はあるようですが、声質が同じようなものは、Lip Sync(口パク) しているのかもしれません。(↑のは、違うようですけど)

 

 
ネバーエンディング・ストーリーのテーマ

ネバーエンディング・ストーリーのテーマ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1990/12/26
  • メディア: CD

 

 


参考サイト: カジャグーグー Wikipedia   , THE NEVER ENDING STORY Wikipedia

 

もし、よろしければ、下のボタンをポチッとお願いいたします。


音楽 ブログランキングへ



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ちょい悪親父ロッカー健在 Billy Idol [洋楽]

この人、凄いな。 全然 枯れてない、ますます勢いを増している感がします。
ビリー・アイドル!

まずは、今年のライブ映像ですが、「Rebel Yell 」(反逆のアイドル) 1983年のヒット曲です。

御年61歳です。 全然、そんな風には見えないですよね。

マイリー・サイラスとの共演した時の動画は、こちら
コメント欄を見ると、「マイリーのファンじゃないけど、これはいい!」的なのが多くて笑えます。


ビリー・アイドルは、先の記事のスティングと、少し似ているところがあります。1977年に、イギリスでパンク・ロックのジェネレーションXというバンドでデビューしましたが、脱退してアメリカに渡り、ソロに転向します。

→  当時のPVは、こちら 凄く弾けてますね。ハード・ロックにポップを融合させたという感じです。
同じくアルバム「Rebel Yell 」から、次にシングルカットされた「Eyes Without A Face 」 は、ビルボードでは4位となり大ヒットしました。 当時のチャートは、こちら
プリンスやデュラン・デュランの大ヒットに対して、健闘してますね。リアルタイムでベスト・ヒットUSA を見ていて覚えています。

こちらがPVです。バラードですが、優れたソングライティングを感じます。  


ミステリアスなPVが印象的ですね。 女性のバッキング・ボーカルで「Les yeux sans visage」って唄われてるのですけど、フランス語で「顔のない眼」という意味で、同名のホラー映画があります。この曲のタイトルは、そこからきているのかもしれませんね。

こちらは2001年の動画です。 お顔に渋みが出てきた感じがします。
ここに、出ているギタリストがやけにカッコいいです。


ノスタルジックなバラードです。 



アコースティックも。



いくつか動画を見ていて気がついたのですが、同じギタリストがいるので調べてみると、スティーブ・スティーブンスといって、ビリー・アイドルと長らくコンビでやっているようです。 彼のシャープなギターがあって、緊迫感のあるロックになっているのかもしれません。少し太ったジェフ・ベックのような感じですね。 この曲には、ツェッペリンやクイーンのようなヘビーなギターのソロがありますので、見どころになっています。

こちらは、2017年現在の動画です。



まだまだ、現役ですね。 
ちょい悪というか、カッコイイ親父ですね。 

こういうアーティストは、日本には少ないですね。


Rebel Yell (Exp)

Rebel Yell (Exp)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 1999/06/29
  • メディア: CD
逆襲のアイドル

逆襲のアイドル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2014/11/26
  • メディア: CD

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

80年代バンドの現在(アラン・パーソンズ・プロジェクト) [洋楽]

続いて80年代に活躍したアーティスト &バンド です。

Alan Parsons Project  
ビートルズ、ピンク・フロイドなどの作品を手掛けてきたアビー・ロード・スタジオのエンジニアだったアラン・パーソンズ(キーボード担当)がエリック・ウールフソン(ボーカル担当)と立ち上げたプロジェクト。プロジェクトというのは、外部のセッション・ミュージシャンを起用して、アルバムを作っていたかららしい。 
73年のピンク・フロイドの「狂気」にも、アラン・パーソンズの名前は、エンジニアとして、クレジットされていた。
と、ここまでは、当時 知らなかった情報。



私が知っていたのは1984年に大ヒットした「ドント・アンサー・ミー」のアメコミのイラスト風で面白い PV が何度となく、ベストヒットUSAで放映されて、アルバムが、変わったジャケットだったこと。

アンモニア・アヴェニュー

アンモニア・アヴェニュー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2013/07/24
  • メディア: CD
ボーカル担当のエリックは2009年に亡くなられています。 
下記は、2014年のライブ映像で、ボーカルは、アラン・パーソンズのようですね。

Don't Answer Me (1984) 


もともと、技術者なので、全くライブ活動を行っていなかったようで、1987年に解散し1990年にエリック以外が集結してライブ活動を行っているようです。

こちらの曲も、メロディーラインが美しく好きだった。 → Eye In The Sky  

アイ・イン・ザ・スカイ

アイ・イン・ザ・スカイ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2013/07/24
  • メディア: CD







もし、よろしければ、下のボタンをポチッとお願いいたします。


音楽 ブログランキングへ


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

80年代バンドの現在 ( フォリナー) [洋楽]

前記事で、80年代のバンドをトピックとして挙げたこともあり、現在のライブ映像がYouTube にUPされてないか検索してみました。 すると、結構な数の動画が見つけられました。80年代は、MTVを通して洋楽を知ることが多かったので、やはり映像で、どうなっているか気になります。


それで、これから数回は、このネタで記事をUPしてゆきます。(笑


選択の基準としては、メロディーが美しく懐かしく感じる曲です。 (あくまで自分基準ですが。)



Foreigner
まずは、MTVの印象はあまり無いのですが、アメリカのバンド フォリナー。 
初期フォリナーは、キング・クリムゾンのマルチ・プレイヤー、イアン・マクドナルド、ミック・ジョーンズ、ボーカルにはルー・グラムら6名で1977年にアメリカで結成された、英国人と米国人の混成バンドである。ジャーニー、スティックスと並び、日本では、産業ロックと称された。
ガール・ライク・ユー」 は、1981年のビルボードで、連続10週 第2位だった。(連続9週1位は、フィジカル)→ リンク この曲、シンセサイザーのイントロが素晴らしく、叙情的でボーカルが印象的な名曲でした。 ハードなロックも特徴で、「アージェント」も好きでしたね。 → リンク

MTV では、全米1位のアイ・ウォナ・ノウ (I Want to Know What Love Is) をよく見た記憶があります。
 ルー・グラムは、ロバート・プラント似で、ハイ・トーンの声が特徴のあるボーカルで、ミック・ジョーンズと、多くを共作していたようです。ルー・グラムは、「4」の大成功の後、バラード路線のミックと対立して、バンドを脱退してしまいます。 その後、別のボーカルを立てたり、ルー・グラムが一時戻ったりしましたが、2005年に今のボーカル、ケリー・ハンセンになったようです。
下記は、現在のライブ映像です。
Waiting For A Girl Like You(1981)      2016年ライブ
オープンな場所でのライブということで、ちょっとムードもないのですが、ケリー・ハンセンのサービスがいいですね。
初期のボーカルのルー・グラムと同じ位、声量のあるようです。若いしパフォーマンスがいいのではないのでしょうか。
現在、オリジナル・メンバーは、ミック・ジョーンズだけのようですが、こうして、バンドが延命していくのも、ある意味ありですね。
 一方のルー・グラムは、1997年に脳腫瘍を患ってしまったため、声量が弱ってしまいましたが、67歳になる今も、バンドを組んで活動をしているようです。 「ガール・ライク・ユー」 2016ライブ



4

4

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 2002/04/01
  • メディア: CD
40

40

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロックの原点 チャックベリー [洋楽]

久しぶりです。 3月末より、書きしたためていたのでしたが、中々まとまらなくて。 そうこうするうちに、桜が咲き、散ってしまいました。(笑

IMG_20170407_sakura.jpg

今年の桜。 何故か、このブログのタイトルバックにマッチしてるかな?

 

本日、この記事を読んだので、書けていた分を挙げておきます。

ジョン・レノンがチャックベリーから受け継いだもの  

http://www.tapthepop.net/live/60563

TAP the POP より。  私が、購読しているサイトです。

これを読んで、ジョンと、チャックベリーの関係を再認識しました。

 

 

以下、以前(3/24 ~ )に書いていた、私の記事。

先日チャックベリーが亡くなってから随分日が経つが、50年代のロックについては、ほとんど知らなかったし、聴いていなかったので、これを機会に持っていたCDを聴き返してみた。

知ってるのは、彼の曲の著作権者が、ジョン・レノンを、「Come Together」が、ベリーの「You Can't Catch Me」の盗作だとして訴えたこと。 ジョンは、その代償として、アルバム「Rock and Roll」で、彼のその曲と「Sweet Little Sixteen」の2曲をカヴァーしたことぐらいだ。

和解金ではなく、カヴァーというところが、ビートルズがデビュー前からカヴァーしていたベリーへの恩返しみたいにとれる。一体、使用権で、どれくらいのお金になるのだろう。ジョン・レノンが、ベリーと一緒に「Johnny B.Goode 」を歌っている映像があった。


和解した後なのかな。

それから、彼の一番有名な「Johnny B.Goode」は、映画「Back to the Future」での有名なシーンで知った。
あれは主人公が弾いたフレーズを参考に、ベリーが「Johnny ~」を思いついたように連想させる。そんなことある訳ないだろうと思っても、ふっと笑ってしまうから、この映画はよく出来てた。

これは、2、3年前に買ったCD。ほとんど3分以内の短い曲ばかりで、同じようなリズム・メロディーなので、すぐに飽きてしまった。 でも、これには、前述の曲に加え、ビートルズがカヴァーした、名曲「Rock And Roll Music」、「Roll Over Beethoven」が収録されている。

このジャケットにも出ているが、彼のギターの弾き方は、ダックウォークが有名だとか。ジミーペイジも影響受けてるのかな。

ところで、エルビス・プレスリーも、聴きたくなったので、棚から取り出して聴いてみた。 この中で、好きな曲をあげると、

1. Hound Dog  (1956.7.2)
2.Heartbreak Hotel (1956.1.10)
3.Jailhouse Rock (1957.6.14)
4.Don't Be Cruel (1956.7.2 )

Don't Be Cruel 冷たくしないで。 これが一番好きだな~。

50年代のロックって、どれも似たようなメロディーだが、親しみやすいですね。

 

ベスト・オブ・チャック・ベリー

ベスト・オブ・チャック・ベリー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/06/11
  • メディア: CD

 

Elvis' Golden Records

Elvis' Golden Records

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bmg / Elvis
  • 発売日: 1997/07/15
  • メディア: CD

 

ROCK 'N' ROLL

ROCK 'N' ROLL

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI UK
  • 発売日: 2010/10/04
  • メディア: CD

 

ところで。

 

もっと、ロックの原点っぽい曲があったので、 挙げておきます。

ビル・ヘイリー&コメッツの 「ロック・アラウンド・ザ・クロック」 です。 1954年に発売されてましたが、翌年の映画「暴力教室」で使用されると、たちまち大ヒットとなり、ロックン・ロール時代の幕開けとなった作品です。




1950年代のロックン・ロールは、70年代のCMでは、よく使われたような気がするけど、さすがに60年もたった今では、さすがに聞かなくなってきてますね~。 時代の流れだな。寂しいですね。

R. I. P. Chuck Berry 


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽