So-net無料ブログ作成

未知との遭遇 映画(1978) [映画]

close_encouters.jpg


もう2週間以上たったが、プライムの期間限定おススメにあったので、懐かしさのあまり見た。

日本公開は1978年で、当時は印象に残っているSF映画があまり無かったので(同年のスター・ウォーズは除いて)かなり斬新であったような気がする。封切り時、未だ中学生で、おそらく関心はあったのだが、見に行ってはいない(ちなみに、私が初めて、映画館で見たのは「ジョーズ」。)
テレビの地上波での公開は、(wiki によれば、)日曜映画劇場(1982年10月10日)だったらしく、その時見たのだろうか。( → 淀川長治さん解説 )


UFO(未確認飛行物体)と、地球外生命体との第3種接近遭遇を、着実に描いた純粋なSF映画である。

原題は、CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND というので、直訳では、「第3種接近遭遇」である。邦題の方が、素晴らしい一例。

主演は、「アメリカン・グラフィティ」 や、「スタンド・バイ・ミー」に出演したリチャード・ドライファス

「ジョーズ」にも出てらしいのだけど、あんまり覚えてないな。


ストーリー (ラストねたばれ あり。)

はじめにUFOとの遭遇が何回かあって、彼だけなく、大勢の人がUFOが出現するのを垣間見る。はっきりとした空飛ぶ円盤型ではなく、眩い光だった。

アメリカのワイオミング州の平原に、デビルズタワーという巨大な一枚板の山があるのだが、そこに、科学者達が集結して、UFOを呼び出そうという計画を立てる。そこに、主人公達も引き寄せられていく、クライマックスは、巨大なUFOの母艦が降臨して、昔行方不明になっていた人達を開放する。そして、ついに宇宙人が降りてくる。


s-publicdomainq-0023413pyjuwv.jpg

出典: https://publicdomainq.net/devils-tower-rock-mountain-0023413/


 宇宙人は、当時考えられていた、少し背の低い人間型をしており、友好的だった。ラストは、主人公を含め、10数人の志願者がUFOに載って宇宙に旅立っていく。わくわく感もあり、ドキドキすることもあり、何故か希望の持てるラストであった。

 それまでの映画は「宇宙戦争」のように、友好的ではなく描かれていたので、このハッピーエンドな結末は素晴らしかった。その後、数年後に、スピルバーグは、「E.T.」を製作。

「E.T.」は、学生の頃、映画館で見た。面白かったが、完全にファンタジー映画化していたので、SFといったら、こっち(「未知との遭遇」)だろう。


意外な役者としては、フランスの監督 フランソワ・トリフォー氏が、科学者役で、出ていること。また、UFOとの交信に使う単純な音階が、印象的だった。


スピルバーグは、その監督作品を「激突!」、「ジョーズ」、本作、「E.T.」と見てきたが、人をはらはらさせる映像作りがとても上手。この映画の後、数えきれないくらい映画を見てきたと思うが、映画好きになったのは、これが原点になっているのかもしれない。


参考にしたページ

 ウィキペディア→ リンク


今回見たのは、ファイナル・カット版といって、製作20周年を記念して作られた編集版で、削除されていたシーンの復活や、リマスターがされているらしい。

未知との遭遇 ファイナル・カット版 (1枚組) [AmazonDVDコレクション]

未知との遭遇 ファイナル・カット版 (1枚組) [AmazonDVDコレクション]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD
 






こちらは、1977年の公開時の宣伝用映像



ラストシーンや、重要なシーンまではさすがに入れてない。見てない人は、ここまでなら見る前に見てもいいかも。



こちらは、40周年を記念したブルーレイの宣伝。映像も綺麗。

見てない人は見ると面白さ半減。一度見た人なら見てもいいかも。



未知との遭遇 40周年アニバーサリー・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]

未知との遭遇 40周年アニバーサリー・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 14

コメント 6

don

プライムなら見ようかなと確認しましたが、
残念ながら有料になってましたorz
by don (2019-01-26 14:22) 

raccoon

don さん
その期間は100円になっていたのですが・・・。99円の違いだけですね。

by raccoon (2019-01-27 20:10) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

この映画、ラスト近くの宇宙人との交信のシーンが印象的でしたね

音楽を担当したのは、アメリカの代表的なクラシック音楽のJohn Williams。

この人、映画音楽をかなりの数多く、手掛けている人ね、ちょっと上げるだけでも、『屋根の上のバイオリン弾き』、『ポセイドン・アドベンチャー』、『大地震』、『ジョーズ』、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『E.T.』 、『JFK』、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、『ハリー・ポッターと賢者の石』等々、名だたる作品のその名を連ねているのですよね。

この記事を読んでそんなことを思いだしたら、クラシック・オーケストラによるこの人の作品の演奏集、無性に聴きたくなってしまいました。







この記事を読んでそのことを思い出し、
by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2019-02-04 10:28) 

raccoon

親父さん
そうですね。音楽も素晴らしかったですね。 スピルバーグ作品は「ジョーズ」「E.T.」も観ましたが、彼の音楽があってこそ、あの興奮、感動が得られたのでしょうね。 私もAmazon Prime Music で、少し聴き返しました。
by raccoon (2019-02-04 22:22) 

Poodle

『未知との遭遇』はDVDを持っているのですが、まだ見ていません。今度見てみます。スピルバーグは最近、「ペンタゴン・ペーパーズ」という映画を見て、改めてその才能に驚嘆しました。
by Poodle (2019-02-18 13:09) 

raccoon

poodleさん、こんにちは~。

DVDをお持ちですか。いいですね。
また、これからというのも、ある意味、いいですね~。新たな感動が待ってるかも。
最近のCGだらけのSF映画に比べると地味かもしれないですけど、宇宙人との遭遇を忠実に描いた作品なので、一見の価値あると思います。スピルバーグは、素晴らしいです。私もDVDかBDを手に入れたいですね。
by raccoon (2019-02-20 05:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。