So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

スティクス~Mr Robotoを演奏 [洋楽]

スティクス 最新ライヴで「Mr. Roboto」を35年ぶりにフル演奏
2018/06/01 08:19掲載





♪ドモ アリガト、ミスター・ロボットの歌詞が登場するスティクス(Styx)の人気曲「Mr. Roboto」。スティクスは最新ライヴ(5月30日 米カリフォルニア州アーバイン)でこの曲を久々にフル演奏。ライヴでこの曲をフル演奏するのは34〜5年ぶりと言われています。ファン撮影の映像あり


amass  http://amass.jp/105838/ より


34年ぶりというと、最後に唄ったのは1984年か? ちょっと違和感あるなぁ、と思った。

というのは、代表作でもある、この曲をライブで唄わないなんて無いよな、と思ったからである。YouTube で検索すると、デニス・デ・ヤング(ボーカル)が、唄っているライブ映像(→ https://youtu.be/naRv-aeS6og )を今まで何度か見ていた。


私はスティクスのCDは代表作の 「ミスター・ロボット (Kilroy Was Here)」 を持っている。


この曲が、大ヒットした1983年、ベストヒットUSAで、このPVを何度も見たものだった。

日本語が歌詞中に出てくるし、聞いていて分かりやすく、日本製のロボットの感じる悲哀をテーマに歌詞を書いているという点で、発想がユニークだった。




歌詞 → リンク


mr_roboto.jpg



それで、何で? と思ったのである。


どうして、大ヒット曲を、その後、演奏しなかったのか?


・・・スティックスのファンであれば、スルーして下さい。











ボーカルのデニス・デ・ヤングには、後からグループに入ったギターのトミー・ショーと確執があり、1999年頃に、健康を害した時に、降板させられてしまったからのようです。 現在は、ローレンス・ガーワンがボーカルとなっています。



おそらく、ミスター・ロボットは、デニスの作った曲なので、演奏が止められていたのじゃないかな。


→ Wikipedia


もともと、スティックスは、アメリカのプログレ・ロックバンドとして人気がありましたが、このヘンテコなテクノ風のロック「ミスター・ロボット」の大ヒットの後、デニスも、トミーもソロ活動をするようになり、バンドは衰退していきます。




ところで、


デニス・デ・ヤングは、今は白髪のお爺さんになってしまいましたが、30年前は、ナイスガイでしたね。


同時期にヒットしたソロの曲 Desert Moon  も、好きでした。




懐かしいメロディーです。


健康を害したために、グループから降板させられ、別のメンバーが入ってグループが存続するというのは、元フロントマンとしては、寂しいでしょうね。デニス・デ・ヤングの人となりは知りませんが、私は、トミー・ショーより彼の方が好きですね。



nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

西城秀樹さん亡くなる [邦楽]

西城秀樹さん死去 家族の前で倒れ意識戻らず…


歌手の西城秀樹さんが16日に急性心不全のため亡くなっていたことが17日、分かった。63歳。広島県出身。

 西城さんの関係者によると、西城さんは4月25日に家族と一緒にいた時に意識を失い倒れて、横浜市内の病院に搬送。「20日ほど頑張った」(関係者)ものの、意識は戻らず、16日に力尽きたという。仕事の予定はしばらくいれていなかったともいい、仕事面での混乱はないという。

 西城さんは03年、11年と2度、脳梗塞で倒れ、右半身に麻痺が残りながらも、リハビリを続けながら歌手活動を行っていた。テレビなどでは懸命なリハビリ生活を公表することもあり、ファンからは病魔を乗り越えて闘う姿に感動の声が届けられていた。


5/17(木) 13:07配信 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/17/0011263894.shtml


西城秀樹さんが亡くなったことを、帰りがけにスマホのチェックで知った。


脳梗塞で1線から遠ざかったっていたことは、知っていた。

テレビに出ていた時、その姿が痛ましかった。 

秀樹さんの死は、私は10歳くらいしか年が違わないので、とても寂しいです。


10代の頃に見た全身で力を振り絞って唄う姿は脳裏に焼き付いて離れません。 「情熱の嵐」 1973年の曲が印象的です。




ご冥福をお祈り申し上げます。


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Live at Pompeii (DVD) / Pink Floyd (1971) [Pink Floyd]

ピンク・フロイドの話題に関連して、以前、書きかけで下書きに入れてあった記事をUPします。


2015/09/25 記


昨年 購入したDVD を記事にしておこう。


ピンク・フロイドといえば、このライブ映像が有名である。ポンペイの円形競技場を舞台に、無観客のライブを行い、映像化してしまったのである。 私は、「Echoes 」の映像に釘付けになった。


「Echos」や「神秘」の YouTube動画は、数えきれないほど見たのだが、リビングの大画面で見たいと思ったので、Discを購入した次第である。輸入品だが、日本語字幕も選択できるようだ。


pompei.jpg


曲目


1. Echoes Part I
2. Careful With That Axe Eugene
3. A Saucerful Of Secrets
4. Us And Them
5. One Of These Days
6. Mademoiselle Nobs
7. Brain Damage
8. Set The Controls For Heart Of The Sun
9. Echoes Part Ⅱ


特に、
「Echoes Part Ⅰ」 のギターソロ
「神秘 A Saucerful Of Secrets 」の銅鑼を打ち鳴らすシーン、
「On the run 」の作成風景、
アビーロードスタジオでのメンバーの若い時の日常風景
「One of these days 」のNick のドラム


が印象に残る。


デイレクターズ・カット版(2003) は、オリジナルの映像に、宇宙の映像を追加したもので、こちらも楽曲に合っているといえば、そうだが、オリジナルのポンペイの映像の方が、私には合う。


無観客のライブという形をどうして選んだのか。 時は、71年。ウッドストック(69年)の野外コンサートとは、全く逆の形で、コンサートを実現したかった、との監督の話である。



ピンク・フロイド  ライブ・アット・ポンペイ   ディレクターズ・カット [DVD]

ピンク・フロイド ライブ・アット・ポンペイ ディレクターズ・カット [DVD]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD



ここまで  2015/9/25 記


エコーズ Echoes 」 について補足します。 アルバム 「おせっかい」 のLPとしては、B面を全部使っていたようです。今はCDなんで関係ないですけど。 英名「Meddle」なのですが、「干渉する」という意味から来ているのかもしれません。


meddle_jacket.jpg


meddle_inner.jpg


個性あるメンバーですね。 1971年に、日本で公演をしたようです。



月刊 rockin'on 2013年5月号の紹介ページを下に保存しました。


meddle1971.jpg


一部引用しますと、


"エコーズ"は23分29秒(!)の超大作であるにも拘らず、聴き手を捕えて離さない幻覚・幻聴・陶酔・至福が一音一音にぎっしり。 ~ 瞑想中にこれを聴きながら涅槃が見えたりした。


いささかオーバーのようにも、思えますが、暗くして聴いたりすると、トリップ体験出来そうです。


ギターが素晴らしいのは、さることながら、キーボードのリチャード・ライトの音が重要でして、2008年に彼が亡くなってしまったので、デヴィッド・ギルモアは2006年のライブ https://youtu.be/zrProK5R7ms を最後に、彼無しで、「エコーズ」 はプレイしないと言っているそうです。


→ 2016 年に、デヴィッド・ギルモアが単独 ポンペイで45年ぶりにライブを行っているようですが、「エコーズ」はセットリストにはありませんでした。


 



ライヴ・アット・ポンペイ [DVD]

ライヴ・アット・ポンペイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: SMJ(SME)(D)
  • メディア: DVD




おせっかい(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)

おせっかい(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2017/11/01
  • メディア: CD


 


もし、よろしければ、下のボタンをポチっとお願いします。  



 


タグ:Pink Floyd
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

原始神母がライブ配信 [Pink Floyd]

木暮“shake”武彦率いるピンク・フロイド・トリビュート・バンド原始神母のライヴとインタビューをフィーチャーした番組が配信決定


pinkfloydtrips.jpg



木暮"shake"武彦率いるピンク・フロイド・トリビュート・バンド、原始神母のライヴ・パフォーマンスと、木暮"shake"武彦がプログレを語るインタビューをフィーチャーした番組『「夜明けの口笛吹き LIVE」ピンク・フロイド50周年に捧ぐサイケデリック・ライヴ』が、動画配信サービス「FRESH!」にて配信決定。配信は4月18日(水)22時より。この時間以降もアーカイブとして観ることができます。

●『「夜明けの口笛吹き LIVE」ピンク・フロイド50周年に捧ぐサイケデリック・ライヴ
4月18日(水) 22:00 - 23:00


→  https://freshlive.tv/AIRPLAY/203012?utm_source=embed

レベッカ、RED WARRIORSなどに在籍し、日本のロック・シーンを牽引してきた天才ギタリスト木暮“shake”武彦がピンク・フロイド・トリビュート・バンド『夜明けの口笛吹き aka 原始神母』を率いて登場! ピンク・フロイド結成50周年を記念して、昨年12月29日に東京六本木EXシアターにて行ったライヴ・パフォーマンスから、第1部の「シド・バレット・メドレー」全曲をオンエアします。さらにshake自身が語る「プログレッシヴ・ロックとの出会い」や「ピンク・フロイドに対する思い入れ」、そして「プログレはプロの活動に反映されていたのか?」など、普段絶対に聞くことのできない興味深い話が満載です。shakeファン、プログレ・ファン、60's ロンドンサイケデリック・ファン必見の1時間。乞うご期待!!


http://amass.jp/103771/


原始神母のライブには、これまで2度ほど参加したことがありますが(→ 過去記事)、毎年、新しい曲目にチャレンジされていて、素晴らしいです。本家ピンク・フロイドのライブ盤は、「Live at Pompei 」しか見たことないのですが、おそらく、本家以上でしょうね。


色んな曲を演奏してくれるので、堪能できます。 まさに、日本人向け。 ギルモアも、ウォーターズも、日本嫌いかもしれないので、ピンク・フロイドの曲は、生では、原始神母でないと聞けないかもしれません。


「Echoes」、「神秘」、「クレイジー・ダイヤモンド」、「原子心母」と、「狂気」から「TIME」を やってくれれば満足で、最近は、「Comfortably Numb」もやってくれる。


昨年、1昨年前は、他のアーティストに浮気していたので、今年は、足を運んでみようかな。

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

ランディー・ローズ [洋楽]

最近、Amazonプライムで、今まで聞かなかった曲も、何かのきっかけで聞いたりする。


あまりヘヴィー・メタルは、聴かないのであるが・・・


80年代の曲で、クワイエット・ライオットの 「 カモン・フィール・ザ・ ノイズ 」が聴きたくなったが、プライムにあったので、最近何度も聴いていた。 この曲、80年代にMTVで聴いて知っていたのだが、記憶の彼方に消えていた曲だった。




METAL HEALTH

METAL HEALTH

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SONY
  • 発売日: 2004/02/09
  • メディア: CD


このバンドも、ほとんど知らなかったのだが、ランディー・ローズというギタリストが結成したらしい。



ランディー・ローズって調べていくと、1982年の3月19日に、セスナ機の遊覧飛行中の墜落事故で亡くなったアーティストということだ。そういえば随分前に、そのようなニュースを聞いたことがあったような。


Randy_Rhoads_(1980).jpg



でも、クワイエット・ライオットは、80年代に活躍したバンドだよなぁ?


と思っていたが、ランディーが亡くなってから再開したメンバーでヒットしたのだった。 




最近、チェックしているTAP the POP というサイトでランディーとオジー・オズボーンを取り上げていたので興味深く読んだ。

ランディーは、クワイエット・ライオットでリリースした2枚のアルバムがあまり売れなかったので、ブラック・サバスを脱退したオジー・オズボーンの新バンド結成のためのギタリストのオーディションに合格してメンバーになったらしい。クラッシック音楽の旋律を取り入れたプレイで、当時としては、衝撃的だったようだ。

 下の動画は、オジー・オズボーンの最初のアルバムからのヒット「Crazy Train 」であるが、ランディーのギター・ソロを聴くことができる。




 ヴァン・ヘイレンのような早弾きのプレイに圧倒される。 この曲のイントロを聴いてピンと来たのであるが、聖飢魔Ⅱの「蝋人形の館 」も、ギターリフが似ているような。 おそらく、トリビュートなんでしょうね。 


オジー・オズボーンも若い時は、アイドルみたいな感じですね。


このアルバム「ブリザード・オブ・オズ」、ダウンロードして聴いています。


ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説 レガシー・エディション

ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説 レガシー・エディション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2011/06/01
  • メディア: CD



でも、どちらかというと、聖飢魔Ⅱの方が、重厚な感じで、好きかな。



もう1曲、こちらも、ランディーの鮮やかなソロが楽しめる。 2:26 あたりから。 この変形ギターも、トレードマークのようですね。




ランディー・ローズは、オジー・オズボーンでデビューして成功を掴んだのであるが、1年半で亡くなってしまった。 享年25歳、あまりにも早すぎる死だった。


最後に、クワイエット・ライオットのアルバムに収められている彼へのバラードを貼り付けておきます。 これは旅立った友達への愛がすごく感じられて、心に沁みる曲ですね。






R.I.P Randy.

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

Duran Duran ライブ映像 [洋楽]

久しぶりです。


何気にYouTube を見ていたら、Duran Duran の動画を見つけました。 先日の武道館の様子を撮ったものだったので、上手く取れているなぁと見ていると、右上にWOWOW の文字があったので、12月に放映されたものだったようです。





やっぱり、真近で見ると迫力が違いますね。 アリーナ席は、おそらくSS席で 25,500 円なのですが、やっぱり、いいですね。こんな近くで見たら、鳥肌立ってしまいそうです。 しばらくすると削除されると思いますから、見るなら今のうちです。見どころは、0:45からのナイル・ロジャーズとの共演と、1:32 からのメンバー紹介でしょうかね。それから、個人的に好きなのは、1:36 からのアンコール曲、「The Universe Alone」~「Save A Prayer 」 ですね。


それから、もうひとつ、1993年の「Come Undone 」のライブ映像が、「The Wedding  Album 」 の25周年ということで、公開されているようです。 http://amass.jp/101040/ より





ギターが、いい音してます。 この時は、ギターが、初期メンバーのアンディ・テイラーが抜けて、3人になった時に、ゲストで入った フランク・ザッパ~ミッシング・パーソンのウォ-レン・ククロロが入っていました。


また、この曲は、バックコーラスの女性ボーカルが印象に残っているのですが、Lamya というシンガーが唄っています。この女性は、惜しくも35歳で早世しています。この曲は、過去に記事にしてます。

http://raccoon27.blog.so-net.ne.jp/2012-04-22

Duran Duran は、このバラードをライブでは必ず演奏しているようですね。 


Duran Duran : The Wedding Album

Duran Duran : The Wedding Album

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Parlophone (Wea)
  • 発売日: 1993/02/02
  • メディア: CD


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Amazon プライム [映画]

昨年末にAmazon プライム会員 になりました。Amazonは、随分前から利用させて貰っており、プライムというのが、あったのは気づいていましたが、あまり意識してませんでした。レンタルビデオ屋さんの店舗が少なくなってきたのと、CMでの宣伝も増えて、試しにやってみようか、というのがきっかけです。


サービスの内容を、Amazon のサイトより引用します。


Amazonプライムは、年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム・ビデオ、Prime Music、プライムフォト、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。


 会員特典は以下のとおりです。

  無料の配送特典
    Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。
  特別取扱商品の取扱手数料が無料
    Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。
  Prime Now
    1時間以内またはご指定の2時間便で商品が届くサービスです。対象エリアのみ。
  プライム・ビデオ
    映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。日本国内のお客様のみが対象です。
  Prime Music
    追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。

この他、色々ありますが、詳しくは、下記のサイトを参照してください。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201910360


使用料は、月400円です。これだけのサービスで400円というのは、安すぎるような気がしますが、利用者が多いからなのでしょうね。


お試し期間の1ケ月は、PCで見ていただけでしたが、Fire TV Stick なるものが、あることを知り、早速 購入.

楽しんでいます。始めてから、DVDをレンタルすることは、全く無くなりました。


利点は、わざわざ、出かけて借りなくても、見られること。返却の手間が無いので返却し忘れもない。

コストパフォーマンスが良い(2,3本見れば、元が取れてしまう)。最新のコンテンツでなければ、そこそこあります。

そして、音楽はストリーミングでも、スマートフォンにダウンロードしても聴ける。

短所は見すぎてしまうので、受験生や、勉強をしないといけない、お子様がいる場合には注意が必要な点でしょうかね。


また、映画を見るには、光回線が必要かと思います。

プライムで視聴した音楽、映画の感想とか、これから書いていこうかな。


Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

小室哲哉さん引退を発表 [邦楽]

小室哲哉「疲れた」TMから35年「『悔いなし』という言葉一つも出ない」


音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、東京・南青山のエイベックスビルで会見を行い、芸能界を引退することを表明した。18日発売の「週刊文春」で看護師の女性Aさんとの不倫疑惑が報じられた小室は、会見でくも膜下出血で闘病中の妻・KEIKO(45)やファンに謝罪。「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」と明かした。1983年に「TM NETWORK」を結成してから35年。プロデュース作品の総売り上げは約1億7000万枚超。一時代を築いた男が、あまりに突然に表舞台から姿を消す。


1/20(土) 5:04 スポーツ報知

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000084-sph-ent


ブログ更新を、ここしばらくサボっていました。あんまり音楽も聴いていなかったし、CDも買ってなかった。 

何を書こうかと思案していたところに、このニュース。


小室さん、不倫のけじめとして引退を決意。 KEIKOさんが闘病中なことは、知っていたけど、介護がそれほどまでに深刻であったとは知らなかった。そういう時って、心の支えが必要になるのかもなぁ。

最愛の人との生活、会話が以前に戻らないと悟った時って、どんなかな。悲しいなぁ。最近は、病気発症後はじめてKEIKOさんの歌が話題になってたようだが・・。

 

けじめとして、引退するということだけど、未だ60歳であれば早いと思う。自分の中で、気持ちの整理がついたら、復帰することもできなくもないと思う。


TMNetworkの曲には、他のJ-POP には無いものがあった。trf 、globe のプロデュースにも、天才性があった。


しかし、そんな人でも、やはり家庭に帰れば普通の人なんだよな。


TMN_CD.jpg


20代に買ったTMNetwork のCD 。 「Self Control 」は名曲だったな。



nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Give Peace A Chance [John Lennon]

今年も、John Lennon の命日12月8日が過ぎた。


何か関連のイベントないかなと(行けないのに )探すのであるが、テレビの番組にあった。

NHKの「クローズアップ現代+」 GIVE PEACE A CHANCE ~ジョン・レノン 名曲はこうして誕生した~


興味深く見れました。


Give Peace A Chance 平和を我らに」 
ぴったりな邦題 ですね。 1969年7月 プラスティック・オノ・バンドで発売した初のソロ・シングル


直訳すると、「平和に機会を与えよ。」か。 シンプルだが、今まさに、こういった考えが世界に必要なんだと思う。



lennon_photo.jpg


私が初めて買ったジョンの CD 。 1曲目が、「Give Peace A Chance」だった。

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

【 映画パンフ紹介 】 めまい [映画]

たまには、話題を変えて、映画のパンフレットを紹介しようと思う。 60年も前の「めまい」 (Vertigo ) である。


ヒッチコック監督の映画を、小さい頃からテレビで見てきた。


そんなこともあって、

30年位前の1984年に、ヒッチコック・フェスティバル といって、彼の黄金期の5作品が、リバイバル公開されたことがあった。


「めまい」は、1958年に初公開された後、テレビでの公開もされてなかったので、25年近く封印されていた貴重な映像を見られることになった。


ヒッチコックの映画は、テレビで見て知っていたから、映画館で、ヒッチコックの代表作が見られるというのは、とても楽しみだったと記憶する。 有楽町のスバル座 あたりで見ただろうか?


当時は未だビデオテープによる映画のコンテンツの販売はなく、当然、レンタルもなかった。


フェスティバルは、「裏窓」 「知りすぎた男」と、ジェームズ・スチュアート作品を続けてきて、3作品目だった。


作品のストーリーは、こちらを参照して下さい。 → wiki






パンフレットは、「めまい」をイメージした緑を使っている。


hitch_1.jpg


hitch_2.jpg


hitch_3.jpg

キム・ノバーク ノバック。 妖艶な魅力がある。 見た当時は魅了されたが、今の私にはタイプではない。



hitch_4.jpg

サンフランシスコ ゴールデンゲート・ブリッジのフォート・ポイント。 ここには1990年に、行ってきた。


ちなみに、これと同じパンフレットは、アマゾンでも売られていたが、200円以下だった。 残念だった。 しかし、初公開時のものは、結構いい値段である。




めまい [Blu-ray]

めまい [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray











nice!(10)  コメント(7) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -