So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョン・ウェットン亡くなる [洋楽]

キング・クリムゾン、エイジアなどで、知られるプログレッシブ・ロックの巨匠のジョン・ウェットンが亡くなったとのニュースを見た。

エイジア、キング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック、ユーライア・ヒープなど多くの伝説のバンドでプレイしてきた名ベーシスト、ジョン・ウェットンが、火曜日(1月31日)、癌のため亡くなった。まだ67歳だった。

エイジアは火曜日(31日)、「残念ながら、アイコニックなシンガー、ジョン・ウェットンが今朝、就寝中に亡くなったと伝えなくてはならない。Rest in Peaceジョン 1949年6月12日-2017年1月31日」と、Facebookでその死を告げた。Teamrock.comは、マネージャーからの話として、結腸癌を患っていたと伝えている。

ウェットンは3週間ほど前、癌の治療に専念するため、3~4月に北米で開催するジャーニーとのジョイント・ツアーに参加できないと発表したばかりだった。そのときは、「当然のこと、エイジアの歴史的ツアーになるのがわかっているものの始まりを逃すのは残念だが、年内にはエイジアと共にステージに戻るつもりだ。長い目で見れば、この決断が自分の健康にとってもファンにとっても1番ためになることはわかっている」と、復帰を誓っていた。

barks   2017-01-31 22:06  https://www.barks.jp/news/?id=1000137722 より 

あまり氏のことは、よく知らないのであるが、エイジアが、「Don't Cry 」のヒットを飛ばした時は、リアルで聴いていました。

 

この曲「Starless」は、比較的最近になって知ったキング・クリムゾン在籍時代の名曲で、ジョン・ウェットン氏がボーカルを取っている。



歌詞は、こちら  Starless = 星の無い暗黒の というように、どうしようもなく暗い内容 である。

2003年頃のLive映像から
https://youtu.be/jRvJhbqeKaI

前半の哀愁のあるギターが心に沁みますね。 ジョン・ウェットンはベーシストで、渋いボーカルです。 この曲を収録の「RED 」は前から気になっていたのですが、ついに買って聴いてみようか。

 


こちらが、「Don't Cry 」 1983年、MTVが流行り出した頃で、何度も見た記憶がある。

当時は、プログレ・グループだとは、全然知らなかった。 プログレっぽくない曲だから。 

この曲はずっと前に、デジタルで購入したかな。

 

しかしながら、リアルで、聞いたことのあるアーティストが亡くなるのは、確実に自分の青春がかなた遠くに行ってしまうのを自覚するようで、辛い。 

今晩は、「Starless」をかけて、ジョン・ウェットンを哀悼しようか。

Red: 30th Anniversary Edition

Red: 30th Anniversary Edition

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Discipline Us
  • 発売日: 2005/06/28
  • メディア: CD


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

祝2017年 [つぶやき]

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

窓から、元旦の朝を写しました。 

IMG_20170101_065730.jpg

時間は、6:57 です。 初日の出を写そうと思ったのですが、眠くて、また寝てしまい、写せませんでした。

大晦日は、紅白を見ていたら、いきなりビートルズの映像が流れて、ポールの日本に来るよ、とのメッセージで、びっくりしてしまいました。

ポール・マッカートニー、レッド・ツェッパゲイン、スティング、原始神母 とライブに行きたいアーティストが早くもたくさん出てきて、どれも行きたいのですが、財布と家族との関係もあり、悩みます。

今年は、お気に入りのアーティストを聴くだけでなく、今までの記事を修正していきたいです。

手始めにカテゴリを増やしました。例えば、女性ボーカルの記事は、ここ のようにまとめました。

YouTube の動画のリンク切れを直して、写真追加しただけですが、感想も付け足していけるといいかな、と思っています。

それでは。

 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジョージ・マイケルが亡くなる [洋楽]

80年代ポップ・シーンを代表するデュオのWHAM! のジョージ・マイケルが12月25日に亡くなったらしい。

クリスマスで、彼らの「ラスト・クリスマス」が街中で流れていた日のことだ。


     私が持ってる唯一のアルバム「FINAL」

今年は、グレン・フライ、デビッド・ボウイ、プリンス と、よく聴いたアーティストが亡くなるものだと思っていたら、年齢的にも私に近く、親近感もある、ジョージ・マイケルが亡くなった。 

死因は、激太りの結果の、心不全とも報ぜられている。 また、ゲイであることを公言していたらしい。現在の彼の姿を見て、30年前とは、随分変わったなと思った。

「クラブ・トロピカーナ」 という爽やかな曲で、彼らを知った。
「ケアレス・ウィスパー」 は名曲だった。 車で何度も聴いたな。

このアルバムは、20年以上前に、購入したような気がする。

でも、早すぎる。53歳で亡くなるなんて。





R.I.P.  ジョージ・マイケル


ザ・ファイナル

ザ・ファイナル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/02/18
  • メディア: CD

メイク・イット・ビッグ(期間生産限定盤)

メイク・イット・ビッグ(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジョンの魂-John Lennon (1970) [John Lennon]

ジョン・レノンの命日だった。 

毎年、この日は、何か記事をあげることにしているが、遅れてしまった。今年は、ジョンに関するイベントは行われないのだろうか? ちょっと寂しい。Dream Powerというライブを、毎年やっていたらしいのだが、ここのところ、お休みのようである。

行きたいと思いつつ、一度も行けてないので、是非とも再開して欲しいのである。

R.I.P.   John

lennon.jpg

 ジョンのファースト ソロ・アルバムは、飾り気がなくて、とても好きな1枚。

 

2007年の記事を再度、UPします。 



アルバム名:PLASTIC ONO BAND
アーティスト名:John Lennon
 
久々に記事を書こうと思ったが、適当なネタがないので、自分の所有しているCDの紹介をしよう。

John Lennon については、ベスト盤と、Beatles解散から初めて出した、このソロアルバムを持っている。

この「ジョンの魂」という邦題はピッタリ。

同じ時期に出したGeorge Harrison の「All THINGS MUST PASS」ような派手さポップなところはなく、地味で切々と歌い上げる曲が多い。

John のやりたかったのは、この時The Beatles ではなく、自分の内面を見つめることと、小野洋子への愛を詩にすることなのだと分かった。

この中で、好きな曲は、Hold On / しっかりジョン

この曲は自分を励ます歌。静かなギターがいい。
間奏の「ゴゲ!」という叫びが妙に印象に残る。
 
■ God / 神

 このアルバムの曲は、どれも狂気じみている とライナーノーツには書かれているが、まさにこれはそう。

 I don't believe in Jesus

 I don't believe in Bible

  ・・・・・・・・・・

 I don't believe in Beatles

と言い切り、自分とヨーコしか信じない。夢は終わった。 と締めくくっている。

I was the walrus , but now I'm John という箇所が好きかな。泣けてきます。
 
■ Love
このアルバムに収められています。名作中の名作のバラード。


ジョンの魂

ジョンの魂

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スティング来日公演2017年6月 [洋楽]

スティング、新作発売イベントで来年6月に来日公演を行うことをサプライズで発表

http://nme-jp.com/news/30104/   2016/11/28 NME Japan から

STING.jpg

11月11日にニュー・アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』をリリースし、同作のプロモーションのために6年ぶりの来日を果たしたスティングが、本日11月28日に六本木のハードロックカフェ東京で開催された新作アルバムの国内盤CD購入者を対象としたイベントで来年6月に来日公演を行うことを発表している。

このイベントでは5曲をアコースティック編成で披露したほか、J-WAVE(81.3FM)「BEAT PLANET」内『BEHIND THE MELODY~FM AMEDA』の公開収録も実施され、番組ナビゲーターのサッシャ氏とコーナー担当ナビゲーターの音楽プロデューサー亀田誠治氏の3名による対談も行われている。

来日公演について語られたのはイベント終盤で、「新しいアルバムの曲はもちろん、長い間やってこなかった曲もやろうと思ってるよ。バンド編成になる予定だし、だからこそいろんな楽曲が出来ると思うから、来年日本に来るのが本当に楽しみだよ」と語ったという。

スティングは明日11月29日に日本テレビ系「スッキリ!」に生出演し、同日夜に生放送される日本テレビ系「ベストアーティスト2016」にも生出演する予定となっている。さらに、同日深夜にはNHK
BSプレミアムでスティングの特番「スティング・伝説のライブin LA~40thバースデーセレブレーション~」が放送予定となっている。


来日公演の詳細は後日、詳細が発表される予定となっている。

スティングが、6年半ぶりに来日公演か。 

 11/29の朝のテレビ番組で、スティングが、アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)でAMAメリット賞を受賞なんて、やっていたので、ちょっと注目しました。

11月11日に、新作を出しているそうで、13年ぶりのロックアルバムだという。久々に購入してみようかな。

スティングが在籍したポリスは、ラスト・アルバム「シンクロニシティー」の時に、ファンだったので、ソロ転向後も、話題作は聴いていました。 ポリスの再結成コンサートを行ったのが2008年2月でしたが、その時は行きたいと思いつつ、チケットが取れなかった記憶があります。

6月頃に来日するというから、是非聴きに行ってみたいですね。

何枚か所有しているスティングのCDです。どちらかというと、ポリスの時の曲の方が、好きなのですが、 ソロになってからも、「オール・ジス・タイム」とかポリス時代の曲に似ている曲も好きですね。

sting_cd.jpg

「シェイプ・オブ・マイ・ハート 」も、映画「レオン」の主題歌になってましたが、ポリス時代にはなかった哀愁のある曲で、好きですね。

昔の曲もやるというので、期待して待っていましょう。


ニューヨーク9番街57丁目(デラックス)(DVD付)

ニューヨーク9番街57丁目(デラックス)(DVD付)

  • アーティスト: スティング,ヴィニー・カリウタ,ジョシュ・フリーズ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: CD

 

Ten Summoner's Tales (Jewel Box)

Ten Summoner's Tales (Jewel Box)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: A&M
  • 発売日: 1993/03/09
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽