So-net無料ブログ作成
検索選択
George Harrison ブログトップ

Cheer Down / George Harrison (1989) [George Harrison]

前にも、ジョージのベストは持っていたのですが、今回はレーベルを越えたベストということで、注目していました。
 最近、タイトルにライフタイムとか、オールタイムとか、オールマイベストとか、これ以上はないよ、というアルバム、が多いですが、このアルバムも、ジョージのビートルズ時代からのベストを集めたものとなっています。


オールタイム・ベスト

オールタイム・ベスト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/07/08
  • メディア: CD



1. Got My Mind Set On You
2. Give Me Love (Give Me Peace On Earth)
3. The Ballad Of Sir Frankie Crisp (Let It Roll)
4. My Sweet Lord
5. While My Guitar Gently Weeps [Live]
6. All Things Must Pass
7. Any Road
8. This Is Love
9. All Those Years Ago
10. Marwa Blues
11. What Is Life
12. Rising Sun
13. When We Was Fab
14. Something [Live]
15. Blow Away
16. Cheer Down
17. Here Comes The Sun [Live]
18. I Don't Want To Do It
19. Isn't It A Pity

5.14.17 はBeatles時代の曲ですね。いずれもバングラデシュ救済コンサートからのようです。5 は、クラプトンが共演しており、ラストのギターソロが素晴らしいです。 4 は初のソロのシングルで、全米・全英でNo.1、ジョージソロの中では、1、2に好きな曲です。
 ジョージ・ハリスンは、ジョン、ポールのように一度聴いたら、忘れないメロディーという曲は少ないですが、何度も聴くと、心に沁みますね。

このアルバムならではの曲をピックアップしますと、

Cheer Down / George Harrison




Cheer Up というのが「元気を出せ」とか「頑張れ」という意味らしいので、Cheer Down って、頑張り過ぎるなよ、という造語のようです。
そういえば、Cheer Girl って元気を与えてくれる女性のことですね。
この曲は、映画「リーサル・ウェポン2」のテーマに使われていたようです。「リーサル・ウェポン」は、見たことはないのですが、メル・ギブソン主演のアクション映画ですよね。
 こちらは、エンドクレジットですが、こんな曲を聴きながら、映画館を出るのって、スッキリした~という感じになりそうです。

 イントロと、エンディングに流れるスライドギターの音色が何とも、心地良いですね。

LOVE COMES TO EVERYONE-George Harrison [George Harrison]

曲名:愛はすべての人に
アルバム名:慈愛の輝き
アーティスト名:George Harrison

オール・シングス・マスト・パス(その3) [George Harrison]

ジョージの追悼コンサート(2002)から
ポールが、オールシングスマストパスを謳う。ジョージの息子のダーニ、そしてエリック・クラプトンの姿が見える。リンゴもいる。



ポールも名コンビのジョンを失い、最愛のリンダも失い、そして、弟のようなジョージまで亡くなって、さぞかし悲しかったに違いない。

「全てのものは過ぎ去らなければならない。」

まさに、その通りだ。ジョージの心情が伝わってくる作品である。

オール・シングス・マスト・パス(その2) [George Harrison]

今日は、草取りと、ジョージの名作を聴くので、終わってしまった。
本当、手が痛くなった。

そこで、前の記事で、紹介したアルバムのレビューを書こう。

このアルバムは、ジョージにとっては、思い入れのあるアルバムだろう。
何故かというと、ビートルズ時代に、中々自分の曲をアルバムに入れて
貰えなかったり、で不満一杯だったのが、解散をきっかけに、
自由の身になれたので、それまで、書き溜めていた曲を一気に
放出した、という感じのアルバムで、それも、ポールやジョンよりも
いち早く、No1ヒットを飛ばしたからである。

アルバムのジャケは、ジョージが、森の妖精(爺さんだが?)にかこまれているというほのぼのとした(シュールかな?)写真。レコード版では、白黒の写真だったらしい。ジャケットを開けると、あ~ら、おもしろい。自分としては、凝った作りで満足しました。こちらのサイトでも、大方分かりますが、これから買う人は見ない方がいいかも。
http://www.georgeharrison.com/atmp/index.html

「My Sweet Lord」。どこかで聴いたことのある曲のような、1度聴いたら、忘れないフレーズ。イントロのスライドキター?のメロディが、キャッチーな感じで、いいと思う。
 ところが、残念なことに、この曲、他のアーティストのある曲に似ているということで、訴訟に持ち込まれて、最終的に敗訴してしまったという。
しかし、自分としては、偶然の一致というのもある、のではと思う。 最終的に、この曲は、多くの人にとって名曲なんだからいいんじゃないかな。

IF Not For You これは、ずっとオリビア・N・ジョンの曲と思ってましたが、ボブディランがジョージのために書いた曲だったとは!
これも、カントリーぽいですが、いい曲である。

色々書きたいことは、あるのですが、この辺でやめときます。
全CDの曲をWalkmanで聴くと28曲なんで、プレイログのチャート(勿、自分のです)を上ること間違いなしのようです。

ALL THINGS MUST PASS -NEW CENTURY EDITION / George Harrison 2001 [George Harrison]

アルバム名:オール・シングス・マスト・パス
アーティスト名:George Harrison


少しですが、ボー茄子が出たので、ホントーに久々に
CDアルバムを買ってしまいました。
amazon で。。今日 帰ると、届いていました。
皆さん 持っておられる人も多いと思いますが、
ジョージ・ハリスンのソロデビューアルバムで、名作と言われている
オール・シングス・マスト・パスのニュー・センチュリー・エディション <デジタル・リマスタリング>(長ったらしい!)です。 2001年版(もとは1970年発表)



盟友のクラプトンも一緒に購入。
このアルバム、紙ジャケと言われるものでしょうか、
2枚組で、棚に並べると、こんなに大きいのです。



また、箱を空けると、おもしろいことが。
レコード盤・リマスター前のCDとは、装填などで、多分違ったお楽しみがある筈。
My Sweet Load は、聞いたことのある曲でした。
これから聞きますが楽しみです。
George Harrison ブログトップ