So-net無料ブログ作成
検索選択
Led Zeppelin ブログトップ

コンプリートBBCライブ・Led Zeppelin [Led Zeppelin]

今回、Led Zepagain のライブに行く前に、レッド・ツェッペリンの1997年発売の「コンプリートBBCライブ」が再発になっているのを知り、購入しました。

このCD は、69〜71年の期間に、イギリスBBCのラジオ番組にした時の音源をセレクトしたもの。今回、ジミーペイジの監修のもと、8曲の未発表音源が加わって、三枚組になっています。

発売決定時のRO69記事(2016年7月19日) → http://ro69.jp/news/detail/145907

ジミーペイジは、ここのところ、過去の作品のリイシューに、意欲的ですね。

Led_BBC_1.jpg

Led_BBC_3.jpg

パッケージ内側に使われている、この写真は、 Paris Cinema での1場面かな?
 
この3枚組の中に、「Communication Breakdown 」 が、5つの音源が入っています。 
ブックレットを見ますと、1969.3.3 から 1971.4.1 までの6回のセッションでの録音で、構成されているようですので、必ずといっていいほど、演奏する曲目だったのですね。シングルで同じカップリングだった 「Good Times Bad Times 」がライブ演奏されないのは何故なのか。
 
「You Shook Me」   ,「I Can't Quit You Baby」, 「Dazed and Confused」 は、3つ入っています。
 
微妙に違うようですが、言葉に表現しようとすると、難しいですね。明らかにスタジオ版と異なるのは、
「Communication Breakdown 」 はどのVerでもスローテンポの間奏があるということ。
「Dazed and Confused 」のヴァイオリン弓を使う場面では、ギターの弦を弓で叩く ところがはっきり分かります。
スタジオ版だと、どこ? といった感じで分かりにくいです。
 

 
 
CD1は、デビュー後、まもない破竹の勢いでブレイクをしていた時期のSession を集めたもの、CD2 は、1971.4.1 Paris Cinema でのライブがそのまま収録されているようで、Ⅳの発売(1971.11.8 )の半年前だったので、「天国への階段」は、誰も聴いたことのない新曲だったのでしょうか。
 

一発取りのライブ音源の方が、オーディエンスもいるわけで、迫真のパフォーマンスを感じることができますね。

amazon などでは、1997年の原盤より、音が抑えられている、と余り良い評価ではないのですが、音質的には良いとの評価もあります。 私的には、ファン歴も浅いので、ライブ版であるだけで嬉しいですけどね。

コンプリートBBCライヴ【デラックス・エディション】(3CD)

コンプリートBBCライヴ【デラックス・エディション】(3CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: CD

タグ:Led Zeppelin
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Led Zeppelin ライブ絶叫上映 [Led Zeppelin]


ライヴ会場で蘇ったLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)サウンド!「ライヴ絶響上映」レポート

伝説のハードロック・バンドLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)が、バンド活動時代に唯一残したライヴ映像「The Song Remains the Same(1976年、邦題:狂熱のライヴ)」を、ライヴ会場に設置した巨大スクリーンと、音響設備で体験するという、一夜限りの「ライヴ絶響上映」が、9月14日に、東京、名古屋、大阪のZeppで開催された。近年、こいったライヴ作品を映画館等で、巨大画面、高音質、大音響で楽しむ、という企画が数多く開催されている。ライヴ映像そのものは、DVDやブルーレイで一般に手に入るものが殆どだが、いくらハイビジョン大画面テレビが一般化していても、映画館やライヴ会場のスクリーンの比ではない。一般家庭で出せる音量にも限界がある。ヘッドフォンも良いが、音圧を耳よりも身体で感じることができるのがライヴの醍醐味でもある。


LED ZEPPELINは究極のライヴ・バンドであるが、来日公演は1972年以降、実現する事はなかった。その来日公演の後、73年に収録された全盛期のライヴを疑似体験できる機会とあって、平日開催にも関わらず、東京Zepp Diver Cityには数多くの観客が訪れた。上映の冒頭で、日本のメタル・ゴッド、伊藤政則氏がMCで登場。なんとその、前週にロンドンでジミー・ペイジ(Gt)の取材をしてきたそうで、取材のこぼれ話などファンには、たまらないトークを披露して場内を盛り上げていた。

そして、いよいよ本編。内容自体は、既発のリマスター映像と同じなので、特段のサプライズはなく、もう何十回、何百回?と本作を見たファンにはおなじみのシーンではあるが、やはり迫力が違う。筆者が特に感激したのは、やはりジョン・ボーナムのドラム・サウンドだ。当然ながら、ボーナムのドラミングを生で見た事は無く、この音量、音圧で体感するドラミングは、映像とはいえ、圧巻の一言だ。恥ずかしながら、生のライヴでも通常のドラム・ソロ・タイムはそれほど得意ではない筆者だが、ここで見た"Moby Dick"は例外中の例外だった。他にも"The Song Remains the Same"の重圧感と疾走感が同居した独特のリズムなど、終始圧倒されっぱなしであった。

http://liveland.net/archives/7490    2016.9.16  Liveland.net より

 このようなライブ映像の上映会 やっているの知っていたら、行ってみたかったですね。 但し、地方在住の私としては、平日に、このようなイベントに参加することは無理なので、DVD で我慢することにします。

zep_DVD.jpg

 

こんな記事をあげたのは理由がありまして

今年の秋は、トリビュートバンド Led Zeppagain が、来日します。ハードロックに参戦するのは、はじめてなので、体がもつか心配です!

http://amass.jp/73021/

 


レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ [Blu-ray]

レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray


 


タグ:Led Zeppelin

レッド・ツェッペリン 勝訴 [Led Zeppelin]

レッド・ツェッペリン、「天国への階段」は盗作ではないとの評決が下る

https://www.barks.jp/news/?id=1000128296

<  2016-06-24 09:04:46 Barks より>

木曜日(6月23日)、レッド・ツェッペリンの代表作「Stairway To Heaven」の著作権をめぐる陪審裁判が開かれ、8人の陪審員は、レッド・ツェッペリンのメンバーは盗作していないとの評決を下した。


ジミー・ペイジとロバート・プラントは、「Stairway To Heaven」(1971年)のイントロが、スピリットが1968年に発表した「Taurus」に似ていると、スピリットのギタリストで同曲の作者、故ランディ・カリフォルニアの遺産管財人から訴えられていた。

陪審員は数日に渡り、両者からの陳述や証言を吟味、曲を聴き比べた結果、レッド・ツェッペリンのメンバーが当時「Taurus」を知らなかったという主張は認めなかったが、2つの曲の間に「本質的な類似点はない」と判断したという。

ペイジとプラントは「陪審員たちの篤実な奉仕に感謝すると同時に、我々の訴えが認められ嬉しく思っています」「ファンの支援に感謝しています」との声明を発表した。

 いやぁ、良かった。  このニュースを聞くまで、少し心配であった。 米LAでの裁判所での裁判ということで不利にならんだろうか。しかし、要らぬ心配だったようだ。 

訴えた側のバンドは、結構長く活動していたようだが、この件で、変に有名になってしまった感じがする。

RollingStone サイトリンク ↓
http://www.rollingstone.com/music/news/led-zeppelin-prevail-in-stairway-to-heaven-lawsuit-20160623


タグ:Led Zeppelin
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「天国への階段」に盗作疑惑が・・・ [Led Zeppelin]

レッド・ツェッペリンの名曲は盗作か? 米で裁判へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160413/k10010477611000.html

イギリスの伝説のロックバンド、レッド・ツェッペリンの往年の名曲として知られる「天国への階段」が盗作だとする訴えが起こされ、来月、アメリカでメンバーに対して裁判が開かれることになりました。

 レッド・ツェッペリンは1968年にイギリスで結成されたロックバンドで、アルバムの売り上げは世界で3億枚を超えています。なかでも「天国への階段」は、ギターで始まるイントロが印象的で、バンドを代表する曲の1つです。
この曲を巡っては、レッド・ツェッペリンと一緒にコンサートをしたロックバンド、スピリットの関係者が、スピリットの「トーラス」という曲を盗作したもの、著作権を侵害しているとして、メンバーなどを相手取って2014年に、ロサンゼルスの裁判所に訴えを起こしていました。
この訴えに対して、レッド・ツェッペリン側は「『天国への階段』のイントロ部分の節回しは一般的なもの」だとしていました。
裁判官は今月8日、「『天国への階段』の節回しは確かに音楽業界では一般的なものだが、2つの曲の類似性はその域を超えている」として、来月10日にレッド・ツェッペリンのメンバーのうち、ロバート・プラントさんとジミー・ペイジさんに対する陪審員による裁判を開くことを決めました。
イギリス出身のバンドとして、ビートルズやローリング・ストーンズと並び称されるレッド・ツェッペリンが盗作をしたかどうかを巡る裁判の行方が注目されています。

<2016.4.13 NHK NEWS WEB >

やれやれ。人の成功を羨むことは、人である以上、仕方ない。しかし、羨んでもどうにもならないことだってある。その人が希有の存在の人なら尚更である。40年も経って今更、何を言ってるのだろう。

2014年にニュースが出ていたそうだが、気づかなかった。
レッド・ツェッペリン、「天国への階段」盗作の疑いで訴えられる
http://www.barks.jp/news/?id=1000103738

訴えるのに、お金が無かったように言っているけど、 本当に、そうだったら、原曲の良さを、もっとライブで分かった貰えるようにしたら、良かったのではないか。 

https://youtu.be/gFHLO_2_THg

聞いてみたけど、この程度似ているだけで訴えるとは。誰の共感も得られないだろう。 ちょっと、アルペジオが、似通っているだけ。

NHKの「SONGS」で、最近のジミーペイジ来日時のインタービュー映像が放送されていたの思い出し、その録画を改めて見た。あの曲は、前作が酷評されたので、4人で合宿して、力を合わせて作ったことを回想していた。  「天国の階段」は、4人の強い絆によって、生まれた。トラッドフォークの響き(ペイジ)、幻想的な歌詞(プラント)、クラシカルなアレンジ(ジョーンズ)、たたきつけるようなドラム(ボーナム) が融合した結果だ。

レッド・ツェッペリン側が、勝訴することを祈っている。


 

 


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

貴方を愛しつづけて / Led Zeppelin [Led Zeppelin]

最近、またLed Zeppelin を聴き込んでいます。
今特に好きなのは、スロー・ブルースです。

「Led Zeppelin Ⅲ」の「貴方を愛しつづけて」が、今いちばん気になって、ヘビロテです。

泣くようなギターが最高。こちらは、ギターのカバー動画
http://www.youtube.com/watch?v=k5suu4NVvWI

このギターに、私はかなりはまっています。

貴方を愛しつづけて(Since I've Been Loving You)




プラント氏のボーカルも、けだるい感じのする中、インパクトが強いですね。

こちらは、ライブ映像。
ジミー・ペイジのギターは、かっこいいにつきますね。
タグ:Led Zeppelin
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Led Zeppelin DVD [Led Zeppelin]

asin:B000GRTSEQ

職場のお友達から、借りてきて、見ちゃいました。

YouTube で見る映像と違って、大画面で見られるし、
リマスターもされているためか、すごい高画質で、見られて、
良かった~。

その方は、ギターを引いていて、たまに、友達とバンドで
演奏したりするそうです。好きなグループも、ツェッペリン、
KISS、クラプトンなどと、クラッシクな洋楽系は好きならしくて、
話が合ってしまいました。ギターの話とか聴けて、とっても
興味が深まります。
私の方も、CDを貸してあげたり。
中々洋楽好きな人って居ないので、嬉しい出来事でした。

ということで、DVDの中にも、収録されていた曲「Communication Breakdown」を、→ リンク
これは、初期の頃らしく、観客がテレビの見学に来た感じの人で、
Zeppelinが、余り受けていない面白い?映像です。
こんなこともあって、Zeppelinは、余りテレビに出なくなってしまったようです。

Whole Lotta Love (胸いっぱいの愛を)-Led Zeppelin [Led Zeppelin]

09.10.31 カテゴリーを変更しました。


こんにちは。期待される再結成ツアーですが、どうなるのでしょうね。

曲名:胸いっぱいの愛を(2007ニュー・リマスター)
アルバム名:マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト
アーティスト名:Led Zeppelin


何といってもZeppでは、この曲が最高ですね。この邦題も曲の内容、雰囲気にピッタリという感じ。
The Beatles の「AbbeyRoad」(1969年発売)を1位の座から降ろしたのは、この曲を収録した2nd アルバムの「Led Zeppelin Ⅱ」だったそうです。当時、人気はThe Beatles からLed Zeppelinに移りつつあったようですね。
 ところで、北京五輪の閉会式でもジミーペイジが出演して、この曲を演奏していたそうです。

地響きしそうなラウドなギターリフ、エフェクトのかかった間奏のギター、ドラムソロ、プラントの甲高いボーカル すべてが迫力ですね。

Whole Lotta Love -Led Zeppelin



 出だし、ロバートプラントとジミーペイジが向い合うところが茶目っ気がありますね。また、ジミーペイジのギターの持ち方の低いこと!

歌詞 → こちら

この曲、中々画質の良い動画がないのですが、下記も捨て難いですね。
ペイジもコーラス、動画
煙草を加えながら、ギターを弾いているところが楽しそうです。

間奏がCDとかなり違う、動画
ジミーペイジの衣装が派手。

「wanna whole lotta love」の歌詞の後の、ギターの弾き方は、何というのでしょう。初めの頃は、レーシングカーが右から左へ通り過ぎる時の音のように聴こえていました。→ 動画 音源はCD?

あと、好きな箇所は、長い間奏の後、ギターソロが鋭く入る箇所ですね。Live音源はやはり演奏がラフで、同じものは無いですね。じっくり聴くには、スタジオレコーディングのCD音源の方が聴くには適しています。

Dazed And Confused - Led Zeppelin (1969) [Led Zeppelin]

09.10.30 カテゴリーを変更しました。

曲名:DAZED AND CONFUSED
アルバム名:レッド・ツェッペリン
アーティスト名:Led Zeppelin


Zepp の1stオリジナルアルバム「LED ZEPPELIN」 を購入しました。

「Communication Breakdown」のようなアップテンポの元気なサウンドが聴けます。→ 動画
 このアルバムで、気になっている曲↓ですが、不思議な魅力があります。はじめ気だるい感じではじまり、最後まで、そのままかと思いきや、2'50" くらいから始まるギターソロがすごい。(かなり長いです。7分位)

Dazed And Confused(幻惑されて)/ Led Zeppelin




バイオリンの弓らしきものを使って、騒音とも取られかねない、歪んだ音を出しています。前衛的って言うのでしょうか!?
クライマックスはヒートアップして、自由即興(インプロビゼーション)になってます。

この曲は、ジミーペイジ が、ヤードバーズ時代に、既に曲の演奏をしているのですが、Led Zeppelinによって、磨きがかっているといえます。

何回も聴いてると、快感になってきました。

良かったら、こちらもどうぞ。→Lez Zeppelin

Babe I'm Gonna Leave Yo / Led Zeppelin [Led Zeppelin]

近頃、Led Zeppelin を聞いているので、過去記事に追加します。

下の動画は、デビュー(1969)まもなくではないかな? ずいぶん若いし。



確かに、リアルで見てたら、カッコ良かったのだろうな。
ビートルズみたいにアイドルっぽくない所が、時代的には求められてきたのかもしれない。 2008.10.28 追加

2008-02-07 00:54:40 記


曲名:BABE I'M GONNA LEAVE YOU
アルバム名:EARLY DAYS
アーティスト名:Led Zeppelin


近頃?、話題のLed Zeppelin を借りてきて聴いています。なにせ、おやじなので、押さえるところは押さえようと
 今まで、HR/HMだからと、少し敬遠してたのですが、そんなことありません。結構、合っていそうです。



前半のJimmy Page のギターも、Robert Plant のボーカルも、切ない感じでいいですが、この曲のクライマックス、後半のギターのリフが、とても背筋がぞくっとするほどカッコいいですね。

1枚買うとしたら、「Mother Ship」かな?

カシミール - Led Zeppelin (1975) [Led Zeppelin]

PLAYLOG & SonicStage ネタですが、
SonicStage で楽曲を再生した時に、プレイログ最新10曲って出ますよね。(送信するに設定した場合ですが)
これって、普通にGracenote でCD情報を取得したのでは、洋楽の場合、英語の原題になってしまうので、グループ名だけは、マッチング(青色に反転する)しても、曲名はマッチングしないようです。
 そこで、PLAYLOG のホームページで、例えば、Led Zeppelin の「Mothership」というベスト盤なら、アーティストアルバム情報のページの楽曲の邦題をSonicStageのプロパティに貼り付けてやると、曲名までマッチングするようです。(その際、アルバム名も一緒に変更します)
かなり面倒な作業ではあります。(^_^A)
 そうすると、自分の再生回数が、PLAYLOGの再生数に反映され、曲のランキングにも影響する。・・・・
ちょっとオタクっぽいですが、お試しを。

今日は、このアルバムの2枚目に収められているZep の名曲を。
曲名:カシミール(2007ニュー・リマスター)
アルバム名:マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト
アーティスト名:Led Zeppelin


 後期の「フィジカル・グラフィティ」というアルバムに収められているようです。8分ほどの長い曲です。

Kashimir - Led Zeppelin (1975)




 そんなにプラントの派手なパフォーマンスはなくとも、重厚なギターと、ジョン・ボーナムの迫力のドラムが目立ちますね。また、ジョン・ポール・ジョーンズのキーボードが1役かってるものと思われます。
 テーマは「見失った故郷を求めての放浪」でだそうで、幻想的な曲に仕上がっていると思います。昨年のロンドンでの再結成コンサートを見てきた人の感想にも、「スケールの大きさに鳥肌が立った」などの声も(大人のロックより)
Led Zeppelin ブログトップ