So-net無料ブログ作成
検索選択

カセットテープのデジタル化 [WALKMAN]

以前の記事でも、書きましたが、また、古いテープをWALKMANで聴くために、数本デジタル化をしました。



これで5本位変換したので、慣れてきましたが、面倒なのは、繋がってしまった曲を2つにわけたり、ファイル名に曲名をつけたり、CD情報の取得を、半手動で行ったりすることです。

はじめは、数字で出来たファイル名ですが、


最終は、下のような状態まで出来ます。


結構、SonicStage も、色んなことが出来て面白いです。
但し、CDを聴くだけ、ということができないのと、起動が重いのは、MediaPlayer に一歩リードされていますが。

ダイレクトエンコーディングをやってみた [WALKMAN]

先日、近くの電気屋さんで、ダイレクトエンコーディング用のケーブルWMC-NWR1を買ってきました。
昔、録音したテープなどを、デジタル化して、WALKMANで聞くためです。

まず、ケーブルをラジカセなど、PHONE端子のある機器につないで、
WALKMANをREC状態にした後、テープ側をPLAYします。
すると、WALKMANが、ちょうど、曲間の無音部分を感知して、1曲ずつデータを作成してくれるという仕組みです。


かなり使い込んだNW-S705Fです。SONYの字が消えかかっています。

とりあえず、WALKMANの中に、数字の羅列のようなデータが作成されたので、それらを、エクスプローラで全部SonicStage のデータのフォルダへコピーし、フォルダの名称は、アルバムの名前に書き換え、CD情報を検索すると、あたかも、CDからコピーしたかのようなデータになりました。

とりあえず、Stevie Nicks の「The Wild Heart」 は、そんな風に作成しました。問題は、音のレベルが若干低めだったこと。Volume の調整で、変わるのかな、もう少しTry してみます。

少し面倒ですね~。

でも、CD新たに買い直したくないけど、PC or WALKMANで聞きたい人には、お勧め方法です。(注:ダイレクトエンコーディングの機能のあるSシリーズWALKMANなどに対応です。)