So-net無料ブログ作成

スティング来日公演2017年6月 [洋楽]

スティング、新作発売イベントで来年6月に来日公演を行うことをサプライズで発表

http://nme-jp.com/news/30104/   2016/11/28 NME Japan から

STING.jpg

11月11日にニュー・アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』をリリースし、同作のプロモーションのために6年ぶりの来日を果たしたスティングが、本日11月28日に六本木のハードロックカフェ東京で開催された新作アルバムの国内盤CD購入者を対象としたイベントで来年6月に来日公演を行うことを発表している。

このイベントでは5曲をアコースティック編成で披露したほか、J-WAVE(81.3FM)「BEAT PLANET」内『BEHIND THE MELODY~FM AMEDA』の公開収録も実施され、番組ナビゲーターのサッシャ氏とコーナー担当ナビゲーターの音楽プロデューサー亀田誠治氏の3名による対談も行われている。

来日公演について語られたのはイベント終盤で、「新しいアルバムの曲はもちろん、長い間やってこなかった曲もやろうと思ってるよ。バンド編成になる予定だし、だからこそいろんな楽曲が出来ると思うから、来年日本に来るのが本当に楽しみだよ」と語ったという。

スティングは明日11月29日に日本テレビ系「スッキリ!」に生出演し、同日夜に生放送される日本テレビ系「ベストアーティスト2016」にも生出演する予定となっている。さらに、同日深夜にはNHK
BSプレミアムでスティングの特番「スティング・伝説のライブin LA~40thバースデーセレブレーション~」が放送予定となっている。


来日公演の詳細は後日、詳細が発表される予定となっている。

スティングが、6年半ぶりに来日公演か。 

 11/29の朝のテレビ番組で、スティングが、アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)でAMAメリット賞を受賞なんて、やっていたので、ちょっと注目しました。

11月11日に、新作を出しているそうで、13年ぶりのロックアルバムだという。久々に購入してみようかな。

スティングが在籍したポリスは、ラスト・アルバム「シンクロニシティー」の時に、ファンだったので、ソロ転向後も、話題作は聴いていました。 ポリスの再結成コンサートを行ったのが2008年2月でしたが、その時は行きたいと思いつつ、チケットが取れなかった記憶があります。

6月頃に来日するというから、是非聴きに行ってみたいですね。

何枚か所有しているスティングのCDです。どちらかというと、ポリスの時の曲の方が、好きなのですが、 ソロになってからも、「オール・ジス・タイム」とかポリス時代の曲に似ている曲も好きですね。

sting_cd.jpg

「シェイプ・オブ・マイ・ハート 」も、映画「レオン」の主題歌になってましたが、ポリス時代にはなかった哀愁のある曲で、好きですね。

昔の曲もやるというので、期待して待っていましょう。


ニューヨーク9番街57丁目(デラックス)(DVD付)

ニューヨーク9番街57丁目(デラックス)(DVD付)

  • アーティスト: スティング,ヴィニー・カリウタ,ジョシュ・フリーズ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: CD

 

Ten Summoner's Tales (Jewel Box)

Ten Summoner's Tales (Jewel Box)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: A&M
  • 発売日: 1993/03/09
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジョンの魂-John Lennon (1970) [John Lennon]

ジョン・レノンの命日だった。 

毎年、この日は、何か記事をあげることにしているが、遅れてしまった。今年は、ジョンに関するイベントは行われないのだろうか? ちょっと寂しい。Dream Powerというライブを、毎年やっていたらしいのだが、ここのところ、お休みのようである。

行きたいと思いつつ、一度も行けてないので、是非とも再開して欲しいのである。

R.I.P.   John

lennon.jpg

 ジョンのファースト ソロ・アルバムは、飾り気がなくて、とても好きな1枚。

 

2007年の記事を再度、UPします。 



アルバム名:PLASTIC ONO BAND
アーティスト名:John Lennon
 
久々に記事を書こうと思ったが、適当なネタがないので、自分の所有しているCDの紹介をしよう。

John Lennon については、ベスト盤と、Beatles解散から初めて出した、このソロアルバムを持っている。

この「ジョンの魂」という邦題はピッタリ。

同じ時期に出したGeorge Harrison の「All THINGS MUST PASS」ような派手さポップなところはなく、地味で切々と歌い上げる曲が多い。

John のやりたかったのは、この時The Beatles ではなく、自分の内面を見つめることと、小野洋子への愛を詩にすることなのだと分かった。

この中で、好きな曲は、Hold On / しっかりジョン

この曲は自分を励ます歌。静かなギターがいい。
間奏の「ゴゲ!」という叫びが妙に印象に残る。
 
■ God / 神

 このアルバムの曲は、どれも狂気じみている とライナーノーツには書かれているが、まさにこれはそう。

 I don't believe in Jesus

 I don't believe in Bible

  ・・・・・・・・・・

 I don't believe in Beatles

と言い切り、自分とヨーコしか信じない。夢は終わった。 と締めくくっている。

I was the walrus , but now I'm John という箇所が好きかな。泣けてきます。
 
■ Love
このアルバムに収められています。名作中の名作のバラード。


ジョンの魂

ジョンの魂

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジョージ・マイケルが亡くなる [洋楽]

80年代ポップ・シーンを代表するデュオのWHAM! のジョージ・マイケルが12月25日に亡くなったらしい。

クリスマスで、彼らの「ラスト・クリスマス」が街中で流れていた日のことだ。


     私が持ってる唯一のアルバム「FINAL」

今年は、グレン・フライ、デビッド・ボウイ、プリンス と、よく聴いたアーティストが亡くなるものだと思っていたら、年齢的にも私に近く、親近感もある、ジョージ・マイケルが亡くなった。 

死因は、激太りの結果の、心不全とも報ぜられている。 また、ゲイであることを公言していたらしい。現在の彼の姿を見て、30年前とは、随分変わったなと思った。

「クラブ・トロピカーナ」 という爽やかな曲で、彼らを知った。
「ケアレス・ウィスパー」 は名曲だった。 車で何度も聴いたな。

このアルバムは、20年以上前に、購入したような気がする。

でも、早すぎる。53歳で亡くなるなんて。





R.I.P.  ジョージ・マイケル


ザ・ファイナル

ザ・ファイナル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/02/18
  • メディア: CD

メイク・イット・ビッグ(期間生産限定盤)

メイク・イット・ビッグ(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽