So-net無料ブログ作成
検索選択

コンプリートBBCライブ・Led Zeppelin [Led Zeppelin]

今回、Led Zepagain のライブに行く前に、レッド・ツェッペリンの1997年発売の「コンプリートBBCライブ」が再発になっているのを知り、購入しました。

このCD は、69〜71年の期間に、イギリスBBCのラジオ番組にした時の音源をセレクトしたもの。今回、ジミーペイジの監修のもと、8曲の未発表音源が加わって、三枚組になっています。

発売決定時のRO69記事(2016年7月19日) → http://ro69.jp/news/detail/145907

ジミーペイジは、ここのところ、過去の作品のリイシューに、意欲的ですね。

Led_BBC_1.jpg

Led_BBC_3.jpg

パッケージ内側に使われている、この写真は、 Paris Cinema での1場面かな?
 
この3枚組の中に、「Communication Breakdown 」 が、5つの音源が入っています。 
ブックレットを見ますと、1969.3.3 から 1971.4.1 までの6回のセッションでの録音で、構成されているようですので、必ずといっていいほど、演奏する曲目だったのですね。シングルで同じカップリングだった 「Good Times Bad Times 」がライブ演奏されないのは何故なのか。
 
「You Shook Me」   ,「I Can't Quit You Baby」, 「Dazed and Confused」 は、3つ入っています。
 
微妙に違うようですが、言葉に表現しようとすると、難しいですね。明らかにスタジオ版と異なるのは、
「Communication Breakdown 」 はどのVerでもスローテンポの間奏があるということ。
「Dazed and Confused 」のヴァイオリン弓を使う場面では、ギターの弦を弓で叩く ところがはっきり分かります。
スタジオ版だと、どこ? といった感じで分かりにくいです。
 

 
 
CD1は、デビュー後、まもない破竹の勢いでブレイクをしていた時期のSession を集めたもの、CD2 は、1971.4.1 Paris Cinema でのライブがそのまま収録されているようで、Ⅳの発売(1971.11.8 )の半年前だったので、「天国への階段」は、誰も聴いたことのない新曲だったのでしょうか。
 

一発取りのライブ音源の方が、オーディエンスもいるわけで、迫真のパフォーマンスを感じることができますね。

amazon などでは、1997年の原盤より、音が抑えられている、と余り良い評価ではないのですが、音質的には良いとの評価もあります。 私的には、ファン歴も浅いので、ライブ版であるだけで嬉しいですけどね。

コンプリートBBCライヴ【デラックス・エディション】(3CD)

コンプリートBBCライヴ【デラックス・エディション】(3CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: CD

タグ:Led Zeppelin

Pink Floyd 27枚組 ! ボックスセット [Pink Floyd]

今年は、Pink Floyd 関係の記事を、ほとんどUPしてませんでしたが、夏にみかけて気になっていた記事を、今頃ですが、あげたいと思います。

前代未聞の超レア音源・映像の集大成27枚組限定ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』を11月リリース!

初来日公演から45周年、幻の1971年「箱根アフロディーテ」ライヴ映像も収録!!

2016.07.28 http://www.pinkfloyd.jp/artist/PinkFloyd/info/470980

前代未聞の物量で、遂に明らかになる初期ピンク・フロイドの未発表音源、映像の数々!2016年11月11日、ピンク・フロイドが膨大なアーカイヴから未発表音源・映像を含む全7巻の書籍形式のパッケージからなる27枚組の豪華ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』をリリースすることが発表された。ボックス・セットには12時間33分、130トラックからなる音源(未発表音源・アウトテイク・デモ音源・テレビ音源・BBCでのセッションなど7時間分の未発表ライヴ音源とともに20以上の未発表音源)と、15時間を越える映像(5時間分以上に及ぶレアなコンサート映像、長編映画他)が入念なプロデュースを経て、新たなサウンド・ミックスとともに収録される。未発表曲の中には本リリースのために新たにミックスを施された1967年の「Vegetable Man」と「In the Beechwoods」も含まれる。更には、レプリカのジャケットに納められた7インチ・アナログ・シングル、貴重なコレクタブル・グッズなど特典も満載。ピンク・フロイドのアーカイブ・コレクションとしては過去最高のヴォリュームの未発表アイテムを収録した驚愕の内容のとなる。

 すごいですね。今までブートレグだった映像も、 含まれているのでしょうね。しかしながら、価格も凄いので、到底買えません。2枚組の廉価版が出るようなので、そちらを手に入れてみましょうかね~。伝説の箱根の「アフロディーテ」での公演も含まれているようです。全くブートレグというものを購入したことのない私には打ってつけとも思えるのですが、この価格は・・・。様子見です。

【早期購入特典あり】The Early Years 1965-1972 (日本語翻訳ライナーノーツ封入)

【早期購入特典あり】The Early Years 1965-1972 (日本語翻訳ライナーノーツ封入)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Columbia/Legacy
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: CD

 

アーリー・イヤーズ・クリエイション

アーリー・イヤーズ・クリエイション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: CD


タグ:Pink Floyd

クラシックロックアワード2016 のこと [洋楽]

もう1週間近く前のことなので、多くの方が、ご存じと思うのですが、記事に上げておきます。

ジミー・ペイジ演奏せず 主催者が謝罪…本番直前に中止 返金はせず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000131-spnannex-ent

今月11日に東京・両国国技館で行われた「THE CLASSIC ROCK AWARDS(クラシックロックアワード)2016」に出演した世界3大ギタリストの1人、ジミー・ペイジ(72)が演奏しなかったことについて、主催者のKLab Entertainment株式会社は14日、公式サイトで謝罪。状況を説明した

 同社の真田哲弥代表取締役は「ジミー・ペイジ氏がプレゼンターとして登壇したものの、演奏を行いませんでした。この点につきまして、ジミー・ペイジ氏の演奏を楽しみにしておられたお客様に対して、主催者を代表してお詫びを申し上げると共に状況を説明申し上げます」と謝罪。

 当日ギターとアンプを用意したが「本番直前に、ジミー・ペイジ氏の意向により、演奏が行われませんでした。演奏が行われなかった理由について、ジミー・ペイジ氏側に問い合わせをしておりますが、現在のところ回答を得られておりません。主催者として、1人のロックファンとして私自身ジミー・ペイジ氏の演奏をとても楽しみにしていただけに、ジミー・ペイジ氏の演奏を鑑賞できなかったことは残念でなりません」とした。

 一方「券売時の広告宣伝にジミー・ペイジ氏を看板スターとして位置付けて告知をしたにもかかわらず演奏が行われなかったことは事実ですが、逆に、券売時に告知をしていなかったジョニー・デップ氏やジョー・ペリー氏が参加し、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。出演者の年齢を考慮し、また多数のアーティストが出演するフェス形式というイベントの性格上、出演者・演奏内容の変更を完全に防ぐことは難しかったと考えております」と見解。

 最も高額なチケットは30万円だったが「本イベントは、ジミー・ペイジ氏の単独コンサートではなく、多数の出演者によって構成されるイベントですので、演奏が行われませんでしたが、イベント自体は成立していると判断しております。 そのため、チケット代金の返金はできかねますので、ご理解のほど、お願い申し上げます」と払い戻しはしない。

 英国などで開催されてきた音楽イベントで、日本初開催。米俳優ジョニー・デップ(53)が昨年結成したロックバンド「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」のギタリストとして参加した。エリック・クラプトン(71)と並ぶ世界3大ギタリストの2人、ペイジとジェフ・ベック(72)が日本初共演。日本からはYOSHIKI(年齢非公表)が出演した。


ClassicRockAwards.jpg

この祭典は、ジミー・ペイジ氏が出演されるとあって着目していた。 しかも、ジェフ・ベックと共演! 
なんか、煽っているようなホームページだったな。→ Classic Rock Award   チケットも高額で(¥18,000~ ), このあいだ、Zepagain 見てきたばかりだったので行けるはずもなかった。 

このロックアワードって、授賞式が1部で、ライブパフォーマンスが2部の2部構成らしい。 で、出演者も多いので、ひとりあたりの演奏は少ないことはしかたない。 看板ともいえるジミー・ペイジがギターを弾かないなんて、詐欺といわれても仕方ない。ペイジ氏も年齢が年齢だから、しっかりした契約がないと、弾かないよな~。 ジミー・ペイジ氏には非はないと思うが・・。しかし、こんなことあるんだ。ジミー・ペイジ目当てで行った人は気の毒だな。

ワーナー告知  http://wmg.jp/artist/zeppelin/news_73045.html?rid=rss_73045
テレビでの反応 https://youtu.be/miJupOenGIg
KLab Entertainment株式会社  http://www.klabentertainment.com/news.html#n05