So-net無料ブログ作成

プリンス追悼公演 ザ・レヴォリューション [Prince]


ザ・レヴォリューション、プリンスの死後初めてとなる公演を敢行。映像がオンラインに

プリンスのかつてのバック・バンドであるザ・レヴォリューションが、プリンスが亡くなった後、初めてとなるライヴを行っている。

4月にプリンスが亡くなった後、ザ・レヴォリューションは彼を讃えるために再結成することを掲げていた。彼らは現在、映画『パープル・レイン』が撮影されたミネアポリスのファースト・アヴェニュー・クラブで3公演を行っている。

9月1日に初日のライヴを行っており、ビラルがスペシャル・ゲストとして“The Beautiful Ones”に出演したという。ザ・レヴォリューションは“Purple Rain”、“Let’s Go Crazy”、“Little Red Corvette”といったプリンスの名曲を演奏している。

バンドのラインナップは、シンガーのウェンディ・メルヴォインとリサ・コールマン、ベーシストのブラウン・マークとアンドレ・シモン、キーボーディストのドクター・フィンク、ドラマーのボビー・Z、ギタリストのデズ・ディッカーソンとなっている。

ザ・レヴォリューションは1979年にプリンスがスライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンの楽曲をコピーするためにサイド・プロジェクトとして結成されている。1980年にツアーのバックを務め、1982年にプリンスのアルバム『1999』をリリースした後、バンド名がザ・レヴォリューションとなった。

ザ・レヴォリューションはプリンスの『パープル・レイン』、『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』、『パレード』といったアルバムでバック・バンドを務めており、1986年に解散している。ウェンディ&リサはその後ソロで成功を収め、ボビー・Zはセルフタイトルのアルバムを1989年にリリースしている。ドクター・フィンクは1991年に解雇されるまで、プリンスと一緒に演奏していた。

ザ・レヴォリューションはプリンス抜きで、2003年と2012年にチャリティ・ライヴのために演奏している。また、ウェンディ・メルヴォインとリサ・コールマンは2006年のブリット・アウォーズで共演を果たしている。

http://nme-jp.com/news/25954/   2016.9.2 NME Japan 

 

 プリンスの追悼公演が、「Purple Rain 」の時のバンドメンバーにより、映画の舞台にもなったミネアポリスのファーストアベニューというライブハウスで行われたようです。 早速、動画がYouTube にUPされてるので、リンクを貼り付けておきます。

Let's Go Crazy   https://youtu.be/qds2Q_bTMcY

1999                 https://youtu.be/9nxIWF4Nm5c

The Beautiful One https://youtu.be/vWS23klR1Oo?list=RDV2guxEr5EaI

Computer Blue   https://youtu.be/11DZiDlEMJU

Baby I'm a Star   https://youtu.be/UNqUMiABvjE?list=RDV2guxEr5EaI

Purple Rain        https://youtu.be/932aH-JL2Zo

 プリンスがいなくて、バックバンドだけで演奏してるので、それはご愛敬ですが、 「1999 」 のデス・ディツカーソンの日の丸の鉢巻きは健在だったな、と思わずニヤリとなりました。 「The Beautiful One 」 は、ビラルという R&Bシンガーが唄っていますが、プリンスを彷彿とさせる唄いっぷりですね。

Purple Rain はやはり プリンスに一番近かったギタリストのウェンディが 唄ってました。 ギターは、プリンス愛用と同じテレキャスターでした。 プリンスが居たらと思うと、悲しくなりましたね。

  プリンス 1983 同じ場所での演奏 → https://youtu.be/xf1izOVFM30

ザ・レヴォリューション 素晴らしい! いいことやったなぁ。 プリンスは天国できっと笑っていると思います。


タグ:Prince
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK  (2016年映画 ) [The Beatles]


EightDaysAWeek.jpg

秋のお彼岸の連休に、映画を見てきました。 ビートルズのドキュメンタリー映画です。

毎年、ビートルズ関係の新作は、秋以降に予定されるようですね(^^) 。 今年は、日本だけは、来日50周年ということで6月頃から盛り上がっていましたね。

 映画のタイトルは、EIGHT DAYS A WEEK THE TOURING YEARS で、「Eight Days A Week 」は、4th アルバム「Beatles For Sale」に収録されたシングルです。 1週間に8日も愛してる、という使い方をされてますが、「A Hard Days Night」 から連想すると、 1週間に7日じゃ足りないほど忙しかったというふうにも取れますね。 

 このブルー(青い空かな?)をバックに、全員サングラスのカット、すごくいいですね。 おそらく、飛行機から降りるシーンで、こんなシーンがあったように思います。 

公式サイトはこちら → http://thebeatles-eightdaysaweek.jp/

監督は、ロン・ハワードで、アメリカの有名な方のようです。 「アポロ13 」・「ダ・ヴィンチ・コード」など話題になった作品があります。

 私自身は、ビートルズ関係の映画は、過去には、「コンプリート・ビートルズ」、「イマジン」や、最近では、「ジョン・レノン・ニューヨーク 」なども見ているので、デビュー前から、ソロに至るまでの大体のキャリアは知っているつもりでしたが、初めて見る映像も沢山あって、結構楽しめました。

映画は、ツアー続きだった彼らと、彼らの周りにいた人達の貴重なエクスペリエンスが綴られます。

 エド・サリヴァンショーや、ハリウッド・ボウル、シェイ・スタジアムなどのライブ映像はリマスターしているのか、かなり綺麗なものもありました。 「シー・ラブズ・ユー」や「アイソーハースタンディンング・ゼア 」の映像とか、カラーになっており、 見たことがない映像もありました。(もしかして、他の作品で既出かもしれませんが ) 

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターは、今回新たにインタビューを受けていたのでしょう。 それから、シガニー・ウィーバーや、ウーピー・ゴールドバークのような有名映画スターの少女時代のエピソードもあり、面白さが増しています。 

シェイ・スタジアムでのライブ映像は、映画の本編とは別構成になっており、一度映画が終わった後、31分間続きます。 ツイスト・アンド・シャウトから始まり、途中、ジョンとポールのMCが多数入ります。まるで、ライブ会場にいるかのように体感できました。 会場の若い女性の絶叫、悲鳴凄いですね。 今では、これほど観客を熱狂させるアーティストはいるのでしょうか。

 参考URL  http://www.mtvjapan.com/news/cinema/27432

パンフレットは一時的に売り切れ状態になっていて、購入できませんでした。 まぁいいかという感じでしたが、

久々に満足して、映画館をあとにしました。

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2016/09/09
  • メディア: CD

 


タグ:BEATLES
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽