So-net無料ブログ作成
検索選択

パープルレイン(1984年映画) [映画]

前の記事で、プリンスの訃報について書いたが、今更ながら、「パープルレイン」のDVD 買った。

初公開から30年以上たってはじめて、全映像を見ることになった。

DVD_purple rain.jpg

「When Doves Cry 」や、「Let’s Go Crazy」,「Purple Rain」のPV で何となく断片的に見てたのだが、この機会に映画を見て良かったと思う。



続きを読む


タグ:Prince
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Computer Blue / Prince & The Revolution (1984) [Prince]

この映画「パープルレイン 」を見るまで、曲名も知らなかったが、気になった曲を。

映画では、ガールフレンドのアポロニアと喧嘩をしてしまい、気分がブルーな時に演奏している。

リサとウエンディの掛け声で始まる。

ウェンディ
はい、リサ
水は、温かい?
はい、リサ
じゃあ、始めましょうか。
はい、リサ

理解に苦しむ会話だ。 この美人2人が、プリンス・バンドの姫君。

イントロで、イルカの声のようなギターの効果音? が聴こえるが、これは、ピンク・フロイドの「Echoes」の中で使われた効果音に非常によく似ている。

 

 

 曲は、ノリのいいロック。プリンスも、ウエンディも、体をくねらせながら踊り演奏する。プリンスは、ギターを抱えながら、くるくる回っている。プリンスがかけているマスクは、何の意味があるのか?
途中で、フレーズが変わって、ギターソロになる。この時のウェンディのパフォーマンスが実にエロくて怪しい。この時、カメラは、ウェイトレス役のジルにパンする。

何やってるの。

って感じ。 次に、もうひとつの違ったメロディーの間奏が始まる。
 この間奏だが、この直前に、プリンスが、父親の部屋で、聞いた優しいピアノのメロディーに似ている。この時の曲は、プリンスの親、Nelson が書き下ろした曲らしい。

この頃のComputer って、Windows もMac もない頃だったので、画面に 青か緑の文字が出るようなComputer だったのかな。 そんな意味あるわけないか。

Blue って憂鬱とかの意味に用いられたり、「ブルーフィルム」のように、官能的なことも意味するみたいなので、そちらかもしれない。

この曲、シングルカットされてないのだけど、隠れた名曲だな。

訳詞

僕の恋愛の(相手)はどこにあるのだろう?
どこにいったら手に入れられる。
機械にどこか調子悪いところがあるに違いない。

僕の恋愛の(相手)はどこにあるのだろう?
教えて。どこに行ってしまったの。
誰か、地獄は間違っていると、言っておくれ。

僕は正しい(ふさわしい)人を見つけるまで、コンピューターで憂いに沈んでいる。
僕は正しい人を見つけるまで、コンピューターで憂いに沈んでいる。

 

 


タグ:Prince
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

レッド・ツェッペリン 勝訴 [Led Zeppelin]

レッド・ツェッペリン、「天国への階段」は盗作ではないとの評決が下る

https://www.barks.jp/news/?id=1000128296

<  2016-06-24 09:04:46 Barks より>

木曜日(6月23日)、レッド・ツェッペリンの代表作「Stairway To Heaven」の著作権をめぐる陪審裁判が開かれ、8人の陪審員は、レッド・ツェッペリンのメンバーは盗作していないとの評決を下した。


ジミー・ペイジとロバート・プラントは、「Stairway To Heaven」(1971年)のイントロが、スピリットが1968年に発表した「Taurus」に似ていると、スピリットのギタリストで同曲の作者、故ランディ・カリフォルニアの遺産管財人から訴えられていた。

陪審員は数日に渡り、両者からの陳述や証言を吟味、曲を聴き比べた結果、レッド・ツェッペリンのメンバーが当時「Taurus」を知らなかったという主張は認めなかったが、2つの曲の間に「本質的な類似点はない」と判断したという。

ペイジとプラントは「陪審員たちの篤実な奉仕に感謝すると同時に、我々の訴えが認められ嬉しく思っています」「ファンの支援に感謝しています」との声明を発表した。

 いやぁ、良かった。  このニュースを聞くまで、少し心配であった。 米LAでの裁判所での裁判ということで不利にならんだろうか。しかし、要らぬ心配だったようだ。 

訴えた側のバンドは、結構長く活動していたようだが、この件で、変に有名になってしまった感じがする。

RollingStone サイトリンク ↓
http://www.rollingstone.com/music/news/led-zeppelin-prevail-in-stairway-to-heaven-lawsuit-20160623


タグ:Led Zeppelin
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カルチャークラブ来日 2016 [洋楽]

カルチャークラブが、来日中だ。16年ぶりだという。

https://www.barks.jp/news/?id=1000128251

1982年にブレークした時のヒット曲、「君は完璧さ Do you really want to hurt me 」 は印象的だった。当時 MTVが流行り始めで、PVと、この曲のゆったりしたリズムとがマッチして心地よかった。 今から考えると、レゲエ調だったのか。 彼らの曲はソウルフルな曲ばかりだった。 その時、学生で、ステレオセットなんて、持っていなかったが、どうしてもフルで聞きたくて、レンタルしたLP「Kissin to be Clever 」 を友達に、カセットに録音して貰った記憶がある。 懐かしいな。

cultureclub.jpg

 所有している1枚 ベスト盤 '95

ボーカルのボーイ・ジョージは、すらりと背が高く、しかし女装。ちょっと変に惹かれる魅力はあった。
「タイム」という曲も、リズムとメロディーがどちらも美しく、この2曲が、お気に入りだった。「カーマ・カメレオン」は、ちょっとアメリカの50's ぽい感じになっていて、ちょっと狙っている感じがしたが、最大のヒットになっている。

今回、1度 生で聞きたいと思っていたが、ボーイ・ジョージも55歳、あの時の美形はなかなか保てないのか、Youtubeで最近の動画を見てみると、ずいぶんオッサンになっているではないか(自分もだが)。 残念ながら声も太くなっており、完全に行く気が薄れてしまった。 (でも、そこに居合わせば、違ったのだろうな。 Youtube で "Culture Club Zepp Tokyo" で検索すれば、ライブ動画が出てきます。 今はすごいですね。)

下に、当時のPVがYoutube で見られるので、貼り付けておきます。

君は完璧さ  1982  英 第1位 米 第2位   ブレークきっかけの1曲


Time    1982  英 第3位 米 第2位




副題 Clock Of The Heart とついているのは、1973年のPink Floyd の「Time 」があったからか。

この瞬間の彼らの映像は、永遠だと思う。

キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー+4

キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー+4

  • アーティスト: カルチャー・クラブ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/11/04
  • メディア: CD


ディス・タイム

ディス・タイム

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1995/05/31
  • メディア: CD



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ビートルズ来日50周年 [The Beatles]

ビートルズが、初来日した1966年6月29日から50年たつ。

いろんなフェスティバルが各地で行われているらしい。 自分も昔からのビートルズのファンの一人であるので、何かに参加したかったが、できるだろうか。

私のビートルズファン歴は遅くて、 80年代MTV の頃が過ぎてから、真面目に聴き始めた。1回めのピークは、1990年のポール・マッカートニーの来日あたりであった。 2回めは、ジョージ・ハリスンの来日、3回めは、2013年のポール・マッカートニーの来日だったろうか。 計3回東京ドームに足を運んだ。

ファン歴としては、28年位。 はじめて買った音源が、Past Masters の白い方のCDだった。一気にCDを買い集めた。「イエロー・サブマリン」以外(笑

 武道館でのコンサートは、YouTube でも断片的には見ることができる。 ドリフターズの前座があって、「ビートルズ!」との紹介とともに壇上に上って、すぐに演奏を始めるというものだった。 50年も前だから、カラーというだけでも貴重な映像だと思う。

演奏曲目は、最新アルバム「ラバーソウル」 からの2曲も含めて、全部で11曲で、35分と短いものでアンコール無し。現在のコンサートとは随分違ったようだ。

ジョンがイントロが超短い「ロックン・ロール・ミュージック」を、大きく足を開きながら唄いはじめたのが印象的で、ジョージが「恋をするなら If I Needed Someone 」、ポールが「イエスタデイ」を、リンゴが「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」を唄った。

 budokan.jpg

雑誌の1ページを貼ってみたが、武道館はこんな感じで、アリーナ席はなかったらしい。 スクリーンも当然なかったので、米粒くらいにしか見えなかっただろう。それでも、ここに居合わせた人は幸運としかいいようがない。

セットリストが書いてあったので、ボーカルの名前と一緒にメモっておきます。

1.Rock And Roll Music    / John Lennon
2.She is a Woman    / Paul McCartney
3.If I Needed Someone  / Geroge Harisson
4.Day Tripper   / John Lennon
5.Baby In Black   / John Lennon, Paul McCartney
6.I Feel Fine    / John Lennon
7.Yesterday    / Paul McCartney
8.I Wanna Be Your Man     / Ringo Starr
9.Nowhere Man   / John Lennon
10.Paperback Writer   / Paul McCartney
11.I'm Down / Paul McCartney

間違っていたらごめんなさいね。 

自分が持っている「ビートルズ・コンプリート」というビデオにも、「ラバー・ソウル」の動画が挿入されているが、この武道館の映像である。「Nowhere Man」、「If I Needed Someone」、「Yesterday」をライブ映像で見られるのは嬉しい。

しかし、ビートルズは、この後、8月のサンフランシスコでのコンサートを最後に、ライブ活動を行わなくなる。そういう意味で、日本で公演をしてくれたのは奇跡だったと思う。

今日は、ビートルズの曲を聞こう。


nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽