So-net無料ブログ作成
検索選択

R.I.P. ジョージ・マーティン [The Beatles]

ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティン氏が、90歳で亡くなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000119-spnannex-ent

「ザ・ビートルズ」の作品をほぼプロデュースしたことから「5人目のビートルズ」と呼ばれた英音楽プロデューサーのジョージ・マーティンさんが亡くなった。90歳。9日、海外メディアが報じた。


 ビートルズのドラマー、リンゴ・スター(75)はツイッターで「ジョージ・マーティンに神のご加護を。あなたの愛に感謝します」などと追悼。
 故ジョン・レノンとオノ・ヨーコ(83)の息子、ショーン・レノン(40)もツイッターで「言葉がありません。安らかに眠ってください」などと追悼メッセージを送った。


 マーティンさんは1962年、ビートルズを見いだし、96年、音楽界への貢献からナイトの称号を贈られた。98年、ビートルズのトリビュート盤「イン・マイ・ライフ」をプロデュースし、発表した。

  私は学生の頃、ビートルズの伝記的映画「コンプリート・ビートルズ」を見て、ビートルズの結成から解散までのストーリーを知り、ビートルズを好きになった。 ジョージ・マーティンが語る映像で、ビートルズを知った。だから、ジョージ・マーティンが亡くなったと聞くと、ジョンレノンや、ジョージハリスンが亡くなった時と、同じような喪失感がある。

 確かに、ビートルズの全曲のプロデュースに係ったのだから、まさしく5人目のビートルズだろう。 デビュー前のドラマー「ピート・ベスト」 か、ベーシストの「スチュアート・サトクリフ」 を思い浮かべる人もいるかもしれない。 

 ジョージ・マーティンは、ビートルズを見出したといっても仮言ではない。 「プリーズ・プリーズ・ミー」を、シングル曲として、大ヒットさせたのも、彼のアドバイスが大きかったようだ。 ジョージ・マーティンは、彼らの父親のような存在だったんじゃないか。

gmartin1.png

 

gmartin2.png

ジョージ・マーティンは、、「イン・マイ・ライフ」で、間奏のバロック調のピアノを弾いているのだが、テープ速度を半分に遅くして録音し、再生では速度を倍にしているとか、なかなか凝ったアレンジをしていたそうだ。

アビーロードのB面のメドレーは、 ポールとマーティンが中心となって手掛けたそうだし、彼がいなければ、ビートルズの世界的な成功も、なかったのではなかろうか。

最近では、彼らの再編集アルバム「LOVE 」を、息子のジャイルズ・マーティンとともに、プロデュースしていたようである。

大変お疲れさまでした。 

ご冥福を、御祈り致します。







LOVE(通常盤)

LOVE(通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: CD

 

 


イーグルス解散か [Eagles]

http://ro69.jp/news/detail/140351

ドン・ヘンリーがイーグルスの解散を表明した。

これは今年1月18日にバンドの創設メンバーでもあったグレン・フライが亡くなったことを受けてのもので、3月10日に行われた英BBCの最新インタヴューの中でヘンリーは次のように語っている。

「これが最後のお別れになるだろうね。イーグルスとしてのライヴはもう今後やることはないだろう」

イーグルスとしての彼らのラスト・ステージは、2月15日に開催された第58回グラミー賞での“Take It Easy”のパフォーマンスだった。グレン・フライに捧げたこのステージについて、ヘンリーは「すごく難しく、そしてすごく感情的になってしまった。僕らはやりとげられないんじゃないかと感じたほどだった」と語っている。

< 2016.3.14 アールオーロック から >

イーグルスが、今度は本当に解散するようだ。1982年にはじめて解散を表明してから、Hell Freeses Over Tour (1994,95),Farewell Tour (2004,05) , Long Road Out of Eden Tour (2007) と不定期に再結成ツアーを繰り返した彼らだが、ドン・ヘンリーにとって相方のグレンフライが居なくなっては、もうライブも出来ないと思ったのだろう。

ドン・フェルダーを解雇したあたりから、このグループを少し嫌いになったが、それでも、「ホテル・カリフォルニア」を、初めて聞いた頃の印象は鮮烈だったと思う。今まで数えきれない位、聴いただろう。

ひとつの時代が終わってしまったんだな、としみじみ思う。

Eagles_hells_freezes.png

 


ホテル・カリフォルニア  <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品

ホテル・カリフォルニア <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/07/22
  • メディア: CD


タグ:Eagles
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽