So-net無料ブログ作成

R I P 大瀧詠一さん [邦楽]

年末に、飛び込んできたニュース。大瀧詠一さんが亡くなった。

大瀧詠一さん 自宅で倒れるの記事 ↓
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131231/ent13123111490001-n1.htm

私はCDも持っていないし、代表曲も良く知らないが、爽やかな曲を作られる人、
という印象があった。

稲垣潤一に提供した、この曲は、とても印象がある。


 



横浜タイヤのCMが記憶にあったので、検索してみたら見つかった。

http://youtu.be/9DVMd3uKXNM?t=3m

雨の中を突っ走る車と、この曲がとてもマッチしていた。

学生の頃、先輩の車に乗せて貰った時、聞いたのは、「A面で恋をして」

だった。 懐かしい。もう30年位前のことだ。

改めて、大滝詠一さんのご冥福をお祈りしたい。

 

偶然だが、コンビニで、この雑誌を見かけたので、思わず購入した。

IMG_0932.JPG

この雑誌で、特集されているのは、「A LONG VACATION 」 ,「FOR YOU」
の2つの名アルバムと、

作曲家の 鈴木 茂,林 哲司、それから シティ・ポップの代表格の
角松敏生,稲垣潤一,EPO,杉山清貴,杉 真理,山本達彦,村田和人
ら が特集されている。 
シティ・ポップ とは、都会派アーティストによるポップス のことらしく、”オシャレに
洗練された音楽”のことらしい。 

学生時代はMTV全盛で洋楽ばかり聞いていたような気がする。

邦楽といえば、竹内まりあ、稲垣潤一だったが、会社に入ってからは、
杏里、ユーミン、杉山清貴 を聞いた。

山下達郎は、「RIDE ON TIME」はリアルで聞いたけど、
アルバムは、聞いたのは随分たってからだったなぁ。

あんまり、シティ・ポップとは程遠い生活を送ってきたので、

大滝詠一さんの曲と、出会う時間がなかったのかもしれない。

こちらは、シティ・ポップの系譜図だ。結構、勉強になるかも。

IMG_0935.JPG

私は昭和40年生まれではないが、この雑誌は、とっても懐かしい記事が沢山詰まっている。
同じ世代の方や、若い方にもお勧めである。

 

昭和40年男 2014年 02月号 [雑誌]

昭和40年男 2014年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: クレタパブリッシング
  • 発売日: 2014/01/11
  • メディア: 雑誌
 

 

 

 

もし、よろしければ、下のボタンをポチっとお願いします。  


音楽(洋楽) ブログランキングへ

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 2

老年蛇銘多親父

ロン・バケ以前から大滝詠一さんの音楽を聴いていた私にとっとては、初めてロン・バケを聴いたとき、ずいぶんその音楽、都会的で明るいものになったなあと思っていたのですけど、それがシティ・ポップの原点だったということなのですかね~。

それにしても大滝詠一さんの音楽、これを機に若い人聴いていただきたいと思っています。

by 老年蛇銘多親父 (2014-01-19 23:11) 

raccoon

親父さん
コメントありがとうございます。

1970年代の邦楽って歌謡曲しか記憶になかったのですけど、大滝詠一さんが属していた「はっぴいえんど」や「シュガーベイブ」によって、シティポップの原点が生まれたんですね。

遅ればせながら、聴いてみたいと思います。
by raccoon (2014-01-21 00:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました