So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「映画パンフレット紹介」 めまい [映画]

たまには、話題を変えて、映画のパンフレットを紹介しようと思う。 60年も前の「めまい」 (Vertigo ) である。


ヒッチコック監督の映画を、小さい頃からテレビで見てきた。


そんなこともあって、

30年位前の1984年に、ヒッチコック・フェスティバル といって、彼の黄金期の5作品が、リバイバル公開されたことがあった。


「めまい」は、1958年に初公開された後、テレビでの公開もされてなかったので、25年近く封印されていた貴重な映像を見られることになった。


ヒッチコックの映画は、テレビで見て知っていたから、映画館で、ヒッチコックの代表作が見られるというのは、とても楽しみだったと記憶する。 有楽町のスバル座 あたりで見ただろうか?


当時は未だビデオテープによる映画のコンテンツの販売はなく、当然、レンタルもなかった。


フェスティバルは、「裏窓」 「知りすぎた男」と、ジェームズ・スチュアート作品を続けてきて、3作品目だった。


作品のストーリーは、こちらを参照して下さい。 → wiki






パンフレットは、「めまい」をイメージした緑を使っている。


hitch_1.jpg


hitch_2.jpg


hitch_3.jpg

キム・ノバーク。妖艶な魅力がある。 見た当時は魅了されたが、今の私にはタイプではない。



hitch_4.jpg

サンフランシスコ ゴールデンゲート・ブリッジのフォート・ポイント。 ここには1990年に、行ってきた。


ちなみに、これと同じパンフレットは、アマゾンでも売られていたが、200円以下だった。 残念だった。 しかし、初公開時のものは、結構いい値段である。




めまい [Blu-ray]

めまい [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray











nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Set Me Free / Kinks 1965 [洋楽]

先日、といっても数週間前になるだろうか。 「世にも奇妙な物語」という番組の「運命探知器」という話の中で、使われていた、そのメロディーが懐かしく思えたので、番組名で検索したら、見つけた。Kinks の曲だ。






甘酸っぱい、青春を想い出させるような曲だ。 The Kinks は、「You Really Got Me」くらいしか知らないけど、このような曲は好きだね。番組の中でも、使われるシーンにはぴったりだった。


こちらのCM でも使われていたようだ。 → H&M CM

結構、合ってる感じがする。



nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

デュラン・デュラン 東京公演 2017.9.20 (後編) [LIVE]

9月20日に日本武道館で、デュラン・デュランのコンサートを見てきました。 東京公演は1日だけです。 日本公演は、9年ぶりで、初来日から35周年ということでした。 

私は、82年の「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」から聴いていましたが、コンサートに行くのは、はじめてでした。

CHIC feat.ナイルロジャース(→ 前記事 ) の後に、20分位の休憩をはさみ、デュラン・デュランが始まりました。

今更ですが、デュラン・デュラン って、メンバーを詳しく知らなかったので、ちょっとまとめてみました。
リーダーは、キーボードのニック・ローズ。(右から2番目の金髪)
ボーカルは、サイモン・ル・ボン(右端)
ベースは、ジョン・テイラー(左から2番目の長身の人 )
ドラムは、ロジャー・テイラー(左端)
80年代当時は、全員がルックスがよいので、見分けがついていませんでした(笑)。 

メンバーは、当初5人編成(
ボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラム) でしたが、ギターは、現在抜けてしまっています。 
Duran_promo.png
シンセサイザーを多用したエレクトロ・ポップを基本とするニュー・ロマンティックと呼ばれるジャンルのようですが、第2次イングリッシュ・インヴェイジョンと呼ばれるブームを牽引しました。 カルチャー・クラブ、ワムやスパンダー・バレエ、など、イギリスのグループは賑やかでしたね。
日本にも何度か来てました。焼酎のCMに出たり、音楽番組にも出演していたと思います。
作風として、キーボードを多用した、サンプリングや打ち込みを特長としていて、一時期、ベストヒットUSAに、頻繁に出ていたので、キャッチーなメロディーで魅了された記憶があります。


ところで、ニューアルバム(といっても2年前発売の ) ペイパー・ゴッズ」 武道館で購入しました。

CD_PaperGods.jpg

はじめ、このジャケ見た時は、このセンス何?という感じでしたが、慣れてきました。今までのPVやジャケットからのモチーフをステッカーのように配置しているそうです。

さて、ライブです。 ペイパー・ゴッズ」ツアーは、2015年9月から2年続けているらしいのですが、日本が最終地のようでした。
雷鳴が響き、スモークが流れてきて、メインアクトらしいオープニングで、今回のアルバムの「Paper Gods」から始まりました。 80年代のヒットした曲にも匹敵するキラー・チューンになっています。
続いて、初期のヒット曲「Wild Boys」、「A View To A Kill 」で、懐かしさで、心躍りました。 

次の曲は、「Come Undone」。 彼らでは珍しいスローバラードで好きなナンバーでした。過去に記事書いてます。女性コーラス隊の一人とデュエットになっています。生で聴けてよかった。 → 動画
ニューアルバムからの「Last Night in the City 」では、途中、機器のトラブルということで、音が出なくなってしまい、もう一度やり直す場面がありましたが、全然動じないところが、プロだなぁと思いました。 

そして、再びナイル・ロジャース登場、サイモンから、師匠であるナイルに、バースデイ・ケーキが送られるという微笑ましい場面もありました。 ナイルのプロデュースである「Notorious 」、そして、今回のアルバムから 「 Pressure Off 」→ PV動画 の2曲を共演されました。どちらも、ナイルとのコラボによって、ダンス&ファンク系っぽくなっています。

 それから、このツアーで、1番聴きたかった曲、「Ordinary World」 です。 ありきたりの世界という意味なのですが、メロディーは癒されるバラードで、歌詞も前向きで心に響く曲です(→ PV動画 )。 サイモンがMCで、核兵器反対に言及していましたが、まさしく、その通りと思いました。

DuranDuran_Budoukan_4.jpg
この「Ordinary World」は、MTVの終焉とメンバー分裂等で、低迷していた彼らが、93年に、スマッシュヒット復活した1曲です。 この時は、ウォーレン・ククロロというギタリストが在籍したことによって、生まれた名ギターソロと、サイモンの歌詞が秀逸でした。

ずっと聴き続けていたわけではないので、3、4曲は知らない曲がありましたね。 デュラン・デュランっぽくない、アップテンポの曲もあったり。 ライブに参加することにより、そういった曲も知る機会になってよかったです。 全般的には、私が持ってるベスト盤「Decade 」に、収録されていました。

また、セットリストも、最近は行く前に、他の地域でのものをインターネットで調べることができるので便利でした。

アンコールラスト1は、「Save A Prayer 」というのは知っていましたが、聴いたことのない曲が。
これは、今回のアルバムのラストにある「The Universe Alone」だったようで、壮大な世界の終わりを歌いながらも、テーマは異なる 「Save A Prayer 」へ とつながっていきました。 → ライブ映像
「Save A Prayer 」は、イントロのシンセサイザーが、とても美しいですね。 
最後のサビのフレーズ
Don't say a prayer for me now
Save it 'til the morning after
では、会場にいる皆で合唱になりました。
最後の1曲は、彼らのセカンドアルバムからのヒット曲「Rio」で盛り上がりました。 私的には、「リフレックス」の方が良かったのですが、仕方ないですね。。
DuranDuran_Budoukan_5.jpg
終わったのは、22時近く。始まりが、19:50からと予定されていたので、デュラン・デュランは、短くされてしまうのか心配していましたが、2時間近くやってくれたので、申し分なかったです。 


 サイモンが噂ほど太ってる感がしませんでした。MCも長いのは意外でした。英語が理解できたら、また違った意味で楽しめたのになぁ、と思ったり。 また、もう少し近くて見られたら、ニック・ローズが、TMNetwork の小室さんに、どれくらい似ているのか(逆か?)確認できたのになぁ、と思いました。

会場の女性の比率は高かったのでしょうか? CHICも来るというので、年配の方(私も含めて)多かったかもしれませんね。
しかし、80年代から30年を経て、今もなお、進化し続けているのは、素晴らしいですね。 1日で、2つのバンドのライブを楽しむことができ、本当に幸運でした。

参考サイト
 http://www.tapthepop.net/extra/67688
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3
  https://rockinon.com/live/detail/167326

〈SET LIST〉
1. Paper Gods
2. Wild Boys
3. I Don't Want Your Love
4. A View To A Kill
5. Come Undone
6. Last Night in the City
7. Only in Dreams
8. Love Voodoo
9. Notorious
10. Pressure Off
11. Hold Back the Rain
12. Face for Today
13. Ordinary World
14. (Reach Up for the) Sunrise ~ New Moon On Monday
15. Hungry Like the Wolf
16. White Lines (Don't Don't Do It)
17. Girls on Film
(encore)
18. The Universe Alone
19. Save a Prayer
20. Rio


Paper Gods

Paper Gods

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: CD
ザ・シングルズ 81-85

ザ・シングルズ 81-85

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/09/13
  • メディア: CD

nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

デュラン・デュラン とナイル・ロジャース 東京公演 2017.9.20 (前編) [LIVE]

また、ライブに行って参りました。


ここ数年、デュラン・デュランが来日しないかなぁ、と思っていたところ、


8月のある日、来日を知ったのですが、既に一般発売の数日前。 先行販売は終わっていたので、無理かと思いましたが、一般発売で、なんとか購入することができました。


東京公演では、同時に、CHIC feat.ナイルロジャース が予定されているということで、ちょっと高かったのですが、思い切ってS席にしました。(というか、A席、B席は売れ切れだったんですね。)




デュラン・デュランは、80年代に、TVのベストヒットUSAで、「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」で知り、「007美しき獲物たち」まで、聴きやすいポップな曲を連発していたので、好きなバンドのひとつでしたが、アイドルっぽい感じもして、今まではライブに行こうとは思ってませんでした。しかし、ある時、「オーディナリー・ワールド」を聴いてから、聴かせるバンドになってきたんだな、と見直して、時々、聴いておりました。


また、いつものように、拙い文章ですが、レポートしてみようと思います。


会場は、日本武道館。平日なので、会社ひけてから行くと、18:00でした。
同じようにぎりぎりに来る人が多数おりました。


DuranDuran_Budoukan_1.jpg
また、いつものように、コンビニで買ってきたパンを、入口近くて、ささっと食べて入場~。


S席でも南西の2階で、こんな感じ。
6月にSting を見た時より、後ろですが、角度は、正面に近くなっており、見やすい席でした。
DuranDuran_Budoukan_2.jpg
CHIC (シック) って、70年代のディスコミュージックの代表格と知っていた程度で、ライブまで行くとは思いもよりませんでした。まさか、ここで聞けるとは。
知ってる曲は、おしゃれフリーク 、UPSIDE DOWN  くらい。  ナイル・ロジャースは、よく名前は聞いていたのですが、最近では、ダフト・パンクの「ゲット・ラッキー をプロデュースしており、彼のカッティング・ギターは気になっていました。

CHIC feat. Nile Rogers は、定刻の18:30にスタート。
DuranDuran_Budoukan_3.jpg


聴いたことのあるようなダンサブルな曲には、思わず体が動いてしまいました。

もともと、ロック以外に、こういったファンクも嫌いではなかったので、ストライクでした。


シックは、ディスコブームが終わるとともに、活動も停滞していったのですが、ナイル・ロジャースは、プロデュースに力を入れるようになり、ダイアナ・ロスや、マドンナ、デヴィット・ボウイ、そして、デュラン・デュランもプロデュースして、数々の曲をヒットに導きました。 特に、「ライク・ア・バージン」や「レッツ・ダンス」、そして「ゲット・ラッキー」 は、今回、集まったオーディエンスには大きく受けたと思います。

ナイル・ロジャースは、シックのギタリストであるのは、知ってましたが、今では唯一残っている、オリジナルメンバーだそうです。盟友のベーシスト バーナード・エドワーズは、1996年に、奇しくも武道館の公演の後に、病気で亡くなっていますので、感慨深い場所なのかもしれません。
二人の女性ボーカルは何回か入れ替わっているようです。
たっぷり1時間聴かせてくれました。 「おしゃれフリーク」、「I Want Your Love 」,「Good Times」が良かったです。
ナイル・ロジャースのカッティング・ギターは、躍動感あふれていますね。御年65歳ですが、若々しい感じを受けました。しかし、数年前に癌を克服したとのことで、これからも健康でライブを続けて貰いたいですね。 
また、前日が誕生日だった、とのことで、バースデイケーキが届けられるという演出もあり、嬉しい日だったことだと思います。最高のライブでした。 



ところで・・・・
メインアクトの デュラン・デュランについては、後編にて(笑。


1996年の日本武道館公演のライブ映像です。
参考サイト
 http://www.tapthepop.net/extra/67688
 https://rockinon.com/blog/shibuya/167302
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)

< SET LIST>
Everybody Dance
Dance, Dance, Dance (Yowsah, Yowsah, Yowsah)
I Want Your Love
I'm Coming Out 
Upside Down (*)
He's the Greatest Dancer  (*)
We Are Family (*)
Like a Virgin (*)
Get Lucky  (*)
Let's Dance (*)
Le Freak
Good Times
 
(*)  :  produced by Nile Rogers

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

予想はずれた~ [洋楽]


ロバート・プラント、新作『Carry Fire』を10月リリース。収録曲のリリック・ビデオ公開
2017.08.18


ロバート・プラントがソロ名義でのニュー・アルバム『Carry Fire』を10月13日にリリースすることがわかった。

同アルバムはプラントにとってロバート・プラント・アンド・センセーショナル・スペースシフターズ名義でリリースした『Lullaby and... The Ceaseless Roar』(2014)以来3年ぶりのオリジナル・アルバムとなる。

アルバムのリリースに先駆け、同新作収録のナンバー“The May Queen”のリリック・ビデオが公開されている。


rockin'on.com より  


ええっ? 5月6日に、ロバート・プラントの、すごく思わせぶりなサイトのことが話題になっていることを記事に挙げていましたが、淡い期待が裏切られてしまいました。



そうですよね。再結成はありませんでしたか。 まず、ジミー・ペイジが何も動いていないので、今回も無いだろうと思っていましたが、やっぱりでしたか。


でも、ロバート・プラントのファンであれば、今回のニュースは、嬉しいでしょうね。  実はロバート・プラント、ソロは聴いていていないので、この機に(YouTubeで ) 聴いてみようかな。





民族音楽? フォーク? そんな感じで、ロックとは遠い感じがします。



ところで、面白い動画を見つけたので、下記に、リンクを記します。 年齢とともに変化する顔の変化を3Dの動画にしています。


https://youtu.be/qAZJKRc64F8


若い時は、凛々しい感じでしたが、今は・・・。 凄く威厳のあるお爺さんになっていく様が見られます。



nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -